コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソユールガール ソユールガール soyūrghāl

2件 の用語解説(ソユールガールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソユールガール
ソユールガール
soyūrghāl

15世紀以降,チムール朝サファビー朝などイラン中央アジアのイスラム国家において行われた封建的食邑。この語は元来モンゴル語起源で,「恩賜」を意味する。俸給的な性格をもつトゥユールに対して,免税の特権を有する世襲の食邑をいい,イクターの語に代って用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ソユールガール【soyūrghāl】

14~18世紀のイランでみられた土地所有の形態。この言葉の語源は12~13世紀のモンゴル語〈ソユルガルsoyulghal〉に求められる。チンギス・ハーンの孫フレグがイランにイル・ハーン国(1258‐1353)を建国するに伴い,この言葉は外来語としてペルシア語に借用され,母音が長音化した。元の意味は,遊牧分封制において,貴族層が,彼らに臣従を誓い,主従関係を結んで家臣になった者に対して,軍事奉仕の代償として与えた封,恩賞,特権を表す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソユールガールの関連キーワードトゥユール封建的土地所有土地所有権土地所有分割地所有共同体的土地所有近代的土地所有大土地所有農民的土地所有領主的土地所有

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone