コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルビン酸 ソルビンサン

デジタル大辞泉の解説

ソルビン‐さん【ソルビン酸】

sorbic acid食品添加物合成保存料。カビ・細菌・酵母などの発育を阻止する作用がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ソルビン酸【ソルビンさん】

化学式はCH3CH=CH-CH=CHCOOH。不飽和脂肪酸の一種。無味無臭の白色針状結晶で,融点134.5℃,沸点228℃(分解)。水に難溶,エタノール可溶

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

ソルビン酸

 C6H8O2 (mw112.13).CH3CH=CHCH=CHCOOH.酸性の保存料として使われる食品添加物.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ソルビンさん【ソルビン酸】

二重結合を二つ含む一価のカルボン酸。化学式 C5H7COOH ほとんど無味無臭の白色針状結晶。天然にはナナカマドの果実中に存在。保存料・防腐剤として食品に添加される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ソルビン酸の関連キーワードソルビン酸カリウム練り製品・塩辛ナナカマド食品保存料カルボン酸発色助剤防腐剤

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android