コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーダパルプ soda pulp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソーダパルプ
soda pulp

カセイソーダまたは炭酸ソーダで木材やわら,木綿,麻類などを蒸解してつくった化学パルプの一種。便箋用紙,書籍用紙,吸取り紙や和紙の原料として使われるが,クラフトパルプの進出で生産はきわめて少くなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ソーダパルプ【soda pulp】

化学パルプの一。水酸化ナトリウム溶液中で木材を加圧・加熱し、リグニンなどを溶解分離したもの。上・中質紙の原料となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソーダパルプ
そーだぱるぷ
soda pulp

化学パルプの一種で、セルロース原料からソーダ法で製造したパルプ。略称AP。ソーダ法は、水酸化ナトリウム水溶液か、水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合液などの強いアルカリ水溶液を蒸解薬液とする。140~180℃でセルロース原料を蒸解(煮てパルプ化すること)し、蒸煮物をパルプと廃液とに分離洗浄してパルプを得る。セルロース原料としては針葉樹材、広葉樹材などの木材チップやコットンリンター(綿の繊維)、コウゾ、ミツマタおよびアサなどの非木材が広く使用できる。蒸解の際、リグニンのみ選択的には溶出しないので、セルロースもヘミセルロースも崩壊しながらかなりの量が流出する。そのためクラフトパルプに比べてリグニンの含有量が多く、パルプの収率、純度、強度ともに劣る。ソーダ法による木材パルプはほとんど生産されていないが、漂白がクラフトパルプに比べはるかに容易なため、小規模の非木材パルプの工場で多く使われている。
 一般に晒(さらし)ソーダパルプはかさがあり、木材パルプは吸取紙、書籍用紙、表紙、筆記用紙などに用いられ、非木材パルプは特殊紙原料として用いられることが多い。コットンリンターの未晒アルカリパルプを精製漂白して得られるパルプは、きわめて高純度であるので、濾紙(ろし)にして化学分析や化学薬品の精製等に使われるほか、ニトロセルロースの製造用原料として使われる。[御田昭雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ソーダパルプの関連キーワードカセイソーダコットン紙トール油中質紙

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android