コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイサイ(体菜) タイサイBrassica rapa var. chinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイサイ(体菜)
タイサイ
Brassica rapa var. chinensis

アブラナ科の一年草または二年草で,アブラナのうちの一つの変種である。中国原産で,日本には明治年間に輸入され,主として北海道や東北地方に栽培される。シャクシナとも呼ばれ,多数の品種がある。キャベツやハクサイのように結球せず,葉は全体として杓子状で,葉柄がよく発達し太くて白い。漬物にすると独特の風味があり広く利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タイサイ【タイサイ(体菜) pak‐choi】

アブラナ科の一年草。葉の形がしゃくし(杓子)のような形をしているところから,シャクシナともいう。中国の原産で明治初年に日本に導入された。葉には毛がなく,濃緑色で,葉柄は白く多肉質で直立する。代表的な品種として葉や葉柄が長く,多肉で葉柄の純白な〈雪白タイサイ〉があり,また長崎には大型になる〈二貫目タイサイ〉がある。そのほか地方的な品種も多く,新潟の〈長岡菜〉や山形の〈雪菜〉もタイサイ類に含まれる。栽培は雪の多い北陸,東北,北海道などや中部以西の地域に多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のタイサイ(体菜)の言及

【漬菜】より

…そのような両用の利用から油料専用の作物としてアブラナ(ナタネ)が育成される一方,野菜専用の作物として多数のアブラナ類の品種群が東アジアで選択されてきた。それらはカブやハクサイ類,さらにはカブに近縁なハカブラ(ノザワナ(イラスト)),ヒノナ(イラスト),スグキナ,コマツナ(イラスト)などと,アブラナに近縁なハタケナ,マナなど,あるいは独特の形態と特性をもつミズナ(キョウナ(イラスト)),タイサイ(シャクシナ)などである。 このように漬菜の起源にはアブラナ(ナタネ)が密接な関係をもつが,アジアでその分化がみられるところから,シンスカヤE.N.Sinskaja(1928)はアジアを原産地域としている。…

※「タイサイ(体菜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タイサイ(体菜)の関連キーワードパクチョイアブラナ科