コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイム・カプセル time capsule

翻訳|time capsule

世界大百科事典 第2版の解説

タイム・カプセル【time capsule】

現代文明の成果を,時間の推移と切り離して容器づめにし,未来(例えば5000年後)まで保存し,未来人の現代解明の手がかりにしょうとするもの。 古代エジプトの王墓や神殿など,考古学的・歴史学的遺跡は,ある種のタイム・カプセルとみることができる。1939年のニューヨーク万国博で,世界第1号のタイム・カプセルを製作したアメリカのウェスティングハウス社は,その趣意書に〈5000年前のエジプト王朝の文化を現在われわれが研究するように,5000年後の未来人がわれわれを研究するだろう時のために〉という意味を述べている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

タイム・カプセルの関連キーワード500年後の世界iPad卒業証書コーナーストーン未来郵便の日クラスルーム若狭(町)鳥浜貝塚うにまる隕石羽衣

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android