コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タキキビ Phaenosperma globosa Munro

2件 の用語解説(タキキビの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タキキビ【Phaenosperma globosa Munro】

暖地の山地や近海地の常緑樹林の中に見られるイネ科のやや大型の多年草イラスト)。カシマガヤともいう。株となり,茎は高さ90~150cm,4~5個の節がある。葉は根生および茎上生で,根生葉には長い柄がある。葉身は長さ40cm,幅3cmに達し,線状の披針形で,先端はしだいに細まり,白っぽい緑色をしている表は普通よじれて下に回り,深緑色の裏面が表に出て裏葉になっている。8~10月に開花する。円錐花序は大きく,長さ30~50cm,3~7本の枝が半輪生し,下方の枝は長さ10cmに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タキキビ
たききび / 滝黍
[学]Phaenosperma globosum Munro

イネ科の大形の多年草。根茎は短く、稈(かん)は高さ1~1.5メートル。8~10月、分枝を輪生し、先が垂れ下がる大形の円錐(えんすい)花序をつける。小穂は1個の小花からなり、長さ約4ミリメートル。包穎(ほうえい)は基部で癒合し、小穂より短い。穎果は球形で径2.5~3ミリメートル、先端に突点がある。本州から九州の山地に生え、朝鮮半島、中国に分布する。名は、山地の滝の落ちるような急な崖(がけ)に生える黍(きび)の意味である。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タキキビの関連キーワード夏緑樹林常緑樹姥百合円椎山枇杷山もがし天草羊歯姥目樫獅子蘭ヤマモモ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone