コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タキキビ Phaenosperma globosa Munro

世界大百科事典 第2版の解説

タキキビ【Phaenosperma globosa Munro】

暖地の山地や近海地の常緑樹林の中に見られるイネ科のやや大型の多年草(イラスト)。カシマガヤともいう。株となり,茎は高さ90~150cm,4~5個の節がある。葉は根生および茎上生で,根生葉には長い柄がある。葉身は長さ40cm,幅3cmに達し,線状披針形で,先端はしだいに細まり,白っぽい緑色をしている表は普通よじれて下に回り,深緑色の裏面が表に出て裏葉になっている。8~10月に開花する。円錐花序は大きく,長さ30~50cm,3~7本の枝が半輪生し,下方の枝は長さ10cmに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タキキビ
たききび / 滝黍
[学]Phaenosperma globosum Munro

イネ科の大形の多年草。根茎は短く、稈(かん)は高さ1~1.5メートル。8~10月、分枝を輪生し、先が垂れ下がる大形の円錐(えんすい)花序をつける。小穂は1個の小花からなり、長さ約4ミリメートル。包穎(ほうえい)は基部で癒合し、小穂より短い。穎果は球形で径2.5~3ミリメートル、先端に突点がある。本州から九州の山地に生え、朝鮮半島、中国に分布する。名は、山地の滝の落ちるような急な崖(がけ)に生える黍(きび)の意味である。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タキキビの関連キーワード小穂暖地

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android