タキシード(英語表記)tuxedo

翻訳|tuxedo

デジタル大辞泉 「タキシード」の意味・読み・例文・類語

タキシード(tuxedo)

燕尾服えんびふくに代わる、男子の夜間用略式礼服。シングル襟、背広形の上下で、襟に黒絹をかぶせ、ズボンの側線も黒絹で縁取る。ネクタイは黒のちょう結び。ニューヨークのタキシード公園のクラブ員が制服として着用したことからの名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「タキシード」の意味・読み・例文・類語

タキシード

  1. 〘 名詞 〙 ( [アメリカ] tuxedo ニューヨーク州タキシードパークのカントリークラブのメンバーが着用したところから ) 男子の夜会用略式礼服。形は背広型で生地は黒ラシャなど。襟返りは綾絹でおおい、ズボンのわき縫いに絹の飾りテープがある。燕尾服代用として、略式のパーティー観劇などに着用。スモーキング
    1. [初出の実例]「余は英人が〈略〉黒羅沙の燕尾服、若しくはタキシードを着用するを見て」(出典:南国記(1910)〈竹越与三郎〉四)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「タキシード」の意味・わかりやすい解説

タキシード
tuxedo

燕尾服に次ぐ男性の夜間の準礼服。アメリカで始まった呼称で,イギリスではディナー・ジャケットと呼ぶ。1880年ころ,ドレス・コート(燕尾服)に代わる略式の衣服としてあらわれた。その後,ニューヨーク州タキシード・パークのクラブの会員たちが簡単な夕食会などに気楽に着られるようにと採用したことから一般に広まった。黒い蝶ネクタイをつけるところから,燕尾服の〈ホワイト・タイ〉に対して〈ブラック・タイ〉とも呼ばれる。形は背広服に準じるが,生地は黒か濃紺の礼服地を使用,前の打合せはシングル(一つボタン)かダブル(四つボタン),襟は繻子などの拝絹をつけたピークド・ラペル(剣襟)かショール・カラーとする。チョッキ上着と共布で,形は燕尾服のものと同じであるが,1930年代末からインド人の使うサッシュをヒントにつくられた腹巻状のカマーバンドcummerbundを用いるようになった。ズボンも上着と共布で,脇の縫目にブレードを1本つける。胸にひだのあるドレッシーなホワイト・シャツに黒のネクタイを蝶結びにする。帽子,靴などは燕尾服に準じる。
礼装
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「タキシード」の意味・わかりやすい解説

タキシード
たきしーど
tuxedo

タキシード・コートの短縮形で、ディナー・ジャケットdinner jacketと同義。燕尾服(えんびふく)に準じる男子用の略式夜会服。前打合せはシングル、襟は拝絹地(はいけんじ)(厚地絹織物。フェーシング・シルク)付きショールカラーが代表的であるが、ピークド・ラペルやダブル・カラーのものもある。生地(きじ)は黒または紺のドスキン、カシミヤなどを用い、ズボンも上着と同質にするのが正式である。ベストまたはカマーバンドcummerbandが組み合わされ、カマーバンドと共地の蝶(ちょう)ネクタイをつけるが、元来は黒(ブラック・タイ)と決まっていた。近来は避暑地や芸能界などで用いられる場合、とくに生地、形とも変わり型が多くみられる。名称はアメリカ、ニューヨークの特定居住区の一種であるタキシードパークにあるカントリークラブにちなむもので、1886年、グリスウォルド・ロリラードGriswold Lorillardが初めてイギリスのディナー・ジャケットをここで披露した。

[菅生ふさ代]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「タキシード」の意味・わかりやすい解説

タキシード
tuxedo

男性の略式夜会用礼服。イギリスではディナージャケット dinner jacket,黒のボータイをするところからブラックタイ black tieなどともいわれ,タキシードはアメリカ独特の呼称。その由来は,ニューヨークのタキシードパークにあるカントリークラブの社交界の紳士たちが,1880年頃に男性の正式礼装であるモーニングコートに代る略式礼装として案出したことによる。当初は,黒または濃紺の腰丈のシングルブレストのジャケットで,同色の絹地でおおった,刻みのないいわゆるタキシードカラー (ショールカラー) とチョッキを伴うのを特色としたが,1920年代以後はチョッキなしのダブルブレストで,剣襟形式が一般になった。布地はカシミア,ドスキン,チェビオットなどを使い,ボータイを結ぶほか,カマーバンド (一種の腹帯) を伴う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「タキシード」の意味・わかりやすい解説

タキシード

燕尾(えんび)服に次ぐ男性の夜間用礼服。上衣の形は普通のジャケットに近いが,衿(えり)を拝絹(はいけん)(綾絹)でおおい,ズボンは脇にモール2本をつける。必ず黒の蝶(ちょう)ネクタイを締める。tuxedoの名は,ニューヨーク南東のタキシード・パークのカントリー・クラブ員が着用したことに由来。英国ではディナー・ジャケットと呼ぶ。ブラック・タイと表記があればタキシードのこと。
→関連項目礼服

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳 「タキシード」の解説

タキシード

タクシードー・パーク(Tuxedo Park)▼夜会服に燕尾服ではなくてディナージャケットを着る習慣は、エドワード七世が皇太子時代に始めたもので、一八八六年にグリズウォールド・ロリラードという人物が米国に紹介した。このスタイルは、ニューヨーク州のタクシードー・パーク村(マンハッタンの南東約六〇km)にあったカントリー・クラブ「タクシードー・クラブ(Tuxedo Club)」で人気を得たため、「タキシード」と呼ばれることになった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android