コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タキストスコープ タキストスコープ tachistoscope

4件 の用語解説(タキストスコープの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タキストスコープ
タキストスコープ
tachistoscope

心理学の実験で,図形や文字などを瞬間的に提示するのに用いられる装置。瞬間提示器とも呼ばれるシャッタ短時間で閉開する方式と光源を点滅する方式とがある。瞬間視はこの器具に由来する用語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

タキストスコープ(tachistoscope)

瞬間露出機。視覚刺激を1000分の1秒程度の正確さで与えることができる装置。広告物の文字・図形などの見え方、認知に必要な時間などを実験する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

タキストスコープ【tachistoscope】

瞬間露出器。図形・文字などの視覚的刺激を瞬間的に与える装置。認知作用や広告効果の研究に用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タキストスコープ
たきすとすこーぷ
tachistoscope

瞬間露出機と訳される。広告物を1000分の1秒から数秒くらいまでの露出で見せ、広告の構成要素である文字、図形などの見え方や、認知に要する時間などを調べる実験器具。器具は、各種の速度によるメッセージ露出や照度という条件の下で、いろいろな刺激の呈示を可能にするアタッチメントを伴うスライドプロジェクターである。広告コピーがどの程度まで効果があるかを事前にテストするためによく使用される。一般に、広告に接し、脳のなかが無意識的に変化し、それにより欲求や動機づけがおこる過程については言語は用をなさない。このような変化過程は「非言語応答」型の手法で初めて把握できる。そのような心理反応の実験的測定法の一つとしてタキストスコープがある。ただし、この方法は、被験者の先行経験の差によって、有名な会社の広告などの場合、優れた広告表現でなくても高い数値が出る、という欠点があるので、慎重な判定が必要である。[島守光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タキストスコープの関連キーワードエビングハウス青年心理学ピエロンフェヒナーティチナー瞬間光テレメールリボ大脇義一増田惟茂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone