コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクシーメーター taximeter

翻訳|taximeter

デジタル大辞泉の解説

タクシーメーター(taximeter)

タクシーが備えている、走行距離や所要時間を測定して料金を表示する計器

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

タクシーメーター

タクシーの料金計。車輪の円周長と回転数から測った走行距離と時間(低速時)をもとにしており,走行距離は回転を電気的なパルス信号に変換して,デジタル回路によって動作させる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タクシーメーター【taximeter】

タクシーの走行距離を測って運賃を表示する計量器。現在の計量法では,長さ計の中の回転尺に属し,検定の対象になっている(計量法上ではタキシーメーターと呼んでいる)。検定はメーターだけの頭部検査と,タクシーにメーターを取りつけた状態での走行検査とが全品に対して各都道府県の計量検定所などにおいて行われている。実際に走行しているタクシーのメーターの使用公差は,走行距離に対して,0から6%の範囲内であり,マイナス公差は乗客にとって不利となるので認められていない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タクシーメーター
たくしーめーたー
taxi meter

距離による賃走を基本とするタクシーで、料金計算の根拠となる走行距離や所要時間を測定して料金を表示する計測機。通常、タクシーの計器盤上の助手席側に備え、車外への空車、実車、迎車、回送、深夜早朝料金の表示などを兼ねる(外国では装着場所の異なることもある)。かつては空車を示す「旗」とよばれる腕を倒して作動させる機械式であったが、現在は押しボタンで操作し、空車、実車などの表示も電気的に行う電子式メーターが普及している。
 メーターは変速機の一部からプロペラシャフトの回転を検出して走行距離を計測するほか、時間を測定する時計の機能ももつ。以前は走行距離だけで料金を計算していたが、過密による道路の渋滞が日常化するに及んで、距離時間併用制がとられたからである。[高島鎮雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタクシーメーターの言及

【カウンター】より

…電気的なパルスの計数は,時間も含めたユニバーサルカウンターの場合が多い。電子式タクシーメーターは,代表的なパルスカウンターの応用例である。【仙田 修】。…

※「タクシーメーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タクシーメーターの関連キーワード特定計量器物差し測長器円タク

タクシーメーターの関連情報