コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクナ タクナTacna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タクナ
Tacna

ペルー南端部,タクナ県県都アレキパの南東約 230km,アンデス山麓の砂漠地帯にあり,カプリナ川にのぞむ。標高約 550m。古くからインディオアイマラ族が住んでいた地に 16世紀スペイン人が町を建設。周辺の肥沃な土壌と涼しい気候に恵まれ,また太平洋岸の港,チリアリカに近いこともあって植民地時代には繁栄,ボリビアポトシ銀山からの銀も市を経てアリカに運ばれた。硝石利権をめぐってチリとボリビアの間で始った太平洋戦争にペルーが参戦した結果,1880年から 1929年までチリ軍に占領されたが,その間市街の近代化が進められた。現在周辺の農業地帯の中心地で,タバコ,ブドウ綿花サトウキビなどを集散し,なめし皮,果実缶詰,ぶどう酒などを製造する。パンアメリカン・ハイウェーが通り,チリとの国境まで約 40km。アリカ港と鉄道で連絡。人口 15万 200 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タクナ(Tacna)

ペルー南部の都市。タクナ県の県都。チリ国境に近く、1880年から1929年までチリ領だった。文教地区として知られ、鉄道博物館歴史博物館・市民劇場などがある。周辺は農業が盛んで、ブドウを産する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

タクナ

ペルー最南部,チリ国境近くの都市。チリ北端の港湾都市アリカ北東約50kmにあり,鉄道で結ばれる。ボリビアとの交通の要地でもある。綿花,サトウキビなどの農業地帯の中心。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タクナ【Tacna】

ペルー南部,同名県の県都。人口17万4336(1993)。チリ領タコラ山の麓にあり,チリ国境まで42km。付近は乾燥地であるが,80km北のアリコータ湖から灌漑用水を引き,綿花,サトウキビ,ニンニク,ブドウなどが栽培されている。首都リマからは1400kmの道路で結ばれる。チリ北部アリカとの間には鉄道が通じる。硝石をめぐるチリとの戦いのため,1880‐1920年チリの占領下におかれていた。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タクナ
たくな
Tacna

ペルー南端部、タクナ州の州都。コルディエラ・セントラル山脈の西麓(せいろく)、チリ国境から42キロメートル、国際港であるチリのアリカへ65キロメートルに位置する。人口21万5683(1998)。農業地域の中心地として発達し、綿花、サトウキビ、ブドウなどが灌漑(かんがい)によって栽培されている。市街地はよく舗装され、上下水道が整備されている。アリカからボリビアへ通じる道路、鉄道の要衝で、1880年から1929年まではチリ領であった。国策によって多くの学校が建てられたため、ペルーでは識字率がきわめて高い都市である。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タクナの関連キーワード太平洋戦争[チリとボリビア間]ジョージ バサドレタクナ=アリカ紛争太平洋戦争(南米)ラテンアメリカ文学バルガス・リョサバルガス・リョサトケパラ鉱山トケパラ銅山モケグア県バサドレダサ惨めイロ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android