コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクナ タクナ Tacna

4件 の用語解説(タクナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タクナ
タクナ
Tacna

ペルー南端部,タクナ県の県都。アレキパの南東約 230km,アンデス山麓の砂漠地帯にあり,カプリナ川にのぞむ。標高約 550m。古くからインディオアイマラ族が住んでいた地に 16世紀スペイン人が町を建設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タクナ

ペルー最南部,チリ国境近くの都市。チリ北端の港湾都市アリカの北東約50kmにあり,鉄道で結ばれるボリビアとの交通の要地でもある。綿花,サトウキビなどの農業地帯の中心。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タクナ【Tacna】

ペルー南部,同名県の県都。人口17万4336(1993)。チリ領タコラ山の麓にあり,チリ国境まで42km。付近は乾燥地であるが,80km北のアリコータ湖から灌漑用水を引き,綿花,サトウキビ,ニンニクブドウなどが栽培されている。首都リマからは1400kmの道路で結ばれる。チリ北部アリカとの間には鉄道が通じる。硝石をめぐるチリとの戦いのため,1880‐1920年チリの占領下におかれていた。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タクナ
たくな
Tacna

ペルー南端部、タクナ州の州都。コルディエラ・セントラル山脈の西麓(せいろく)、チリ国境から42キロメートル、国際港であるチリのアリカへ65キロメートルに位置する。人口21万5683(1998)。農業地域の中心地として発達し、綿花、サトウキビ、ブドウなどが灌漑(かんがい)によって栽培されている。市街地はよく舗装され、上下水道が整備されている。アリカからボリビアへ通じる道路、鉄道の要衝で、1880年から1929年まではチリ領であった。国策によって多くの学校が建てられたため、ペルーでは識字率がきわめて高い都市である。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タクナの関連キーワードアヤクチョアレキパゾングルダクトルンピウラワンカベリカアンタリヤモエンドイーカプーノ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タクナの関連情報