タコノアシ(英語表記)Penthorum chinense Pursh

世界大百科事典 第2版の解説

タコノアシ【Penthorum chinense Pursh】

ベンケイソウ科の湿性多年草。ベンケイソウ科では唯一の葉が多肉質でない種属で,ユキノシタ科に含めたり,タコノアシ科として独立させる見解もあるが,ベンケイソウ科の植物と接木が可能であり,類縁は強いと考えられる。変わったこの名は花序がタコの足のように展開し,花がいぼ状に配列するのでつけられた。は高さ90cm以下で直立する。葉は互生し,披針形で多数の鋸歯があり,質はうすく,長さ5~12cm,幅約1cm。花は8~9月上旬に咲き,花弁を欠く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タコノアシ
たこのあし / 蛸足
[学]Penthorum chinense Pursh

ユキノシタ科(APG分類:タコノアシ科)の多年草。茎は直立し、高さ30~80センチメートルになる。葉は縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)のある狭い披針(ひしん)形で、長さ6~11センチメートル、互生し、やや密につく。8~10月、茎の先端からタコ足状に伸びた枝を出し、その上側に多数の花を総状につける。花は5(まれに6~7)数性で、径約5ミリメートル、普通は花弁はなく、黄緑色で萼(がく)裂片や花柱の先端だけが紅色を帯びる。雌しべは半分ほど合着した子房からなる。果実は子房の合着部と離生部の境目で裂け、離生した部分が帽子のように外れる。種子は微小で長さ1ミリメートルに達しない。東アジアに分布し、日本では本州から九州にかけて沼沢地や水田などにみられたが、現在では環境の変化により絶滅した所が多い。タコノアシ属は2種からなり、他の1種は北アメリカ東部にある。[大場秀章]
 形態からベンケイソウ科やユキノシタ科に分類されていたがAPG分類ではタコノアシ科として分けられた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android