コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タテハモドキ Precis almana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タテハモドキ
Precis almana

鱗翅目タテハチョウ科のチョウ。前翅長 30mm内外。翅表は赤橙色で外縁は暗褐色に縁どられ,前後翅にそれぞれ2個の眼状紋をもち,後翅の1個は特に大きい。裏面は夏型では黄褐色で眼状紋を表わすが,秋型では一面暗褐色の枯れ葉模様状で眼状紋を欠く。秋型は夏型に比べ前後翅とも角ばり,後翅後角が細く突出する。飛翔は速く,低く飛ぶ。幼虫はクマツヅラ科イワダレソウ,ゴマノハグサ科のスズメノトウガラシキツネノマゴ科オギノツメなどを食べる。九州南部以南,南西諸島,台湾,中国南部のほか東洋熱帯の全域に分布する。関東地方以西の太平洋沿岸でまれに迷チョウとして発見される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タテハモドキ【Precis almana】

鱗翅目タテハチョウ科の昆虫。翅の開張は5cm内外。インド以東の熱帯に広く分布する草原性のチョウで,キタテハより大きいが,飛び方や色彩などに似た点がある。日本では南西諸島に産し,以前は本土には迷チョウとして現れることが多かったが,1960年ころから南九州,とくに大隅半島から宮崎県の海岸沿いに北上を続け,現在は土着したとみなされている。タテハ(ヒオドシチョウ)に似て異なるところからつけられた名である。年数回発生し,秋に羽化した成虫が越冬する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タテハモドキ
たてはもどき / 擬
peacock pansy
[学]Junonia almana

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。種子島(たねがしま)、屋久島(やくしま)以南の南西諸島に普通にみられ、九州本土では東海岸では宮崎平野まで、西海岸では薩摩(さつま)半島まで分布する。以北の熊本・長崎・大分の各県下、四国、本州でまれに発見されるのは南方からの迷チョウ。国外では中国南部から西はインド、東はボルネオ島、セレベス島にわたり東南アジアに広く分布する。はねの開張50ミリメートル内外。季節により翅形、斑紋(はんもん)に著しい変異があり、秋型ははねが角張り、はねの裏面の模様が枯れ葉状となる。九州南部では越冬した母チョウの産んだ卵より発生した第一化は、5月中旬~下旬より発生、以後連続的に晩秋から12月まで数回の発生を繰り返す。幼虫のおもな食草はクマツヅラ科のイワダレソウ、キツネノマゴ科のオギノツメ、ゴマノハグサ科のスズメノトウガラシである。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タテハモドキの関連キーワードチョウ(蝶)無紋擬蛺蝶白水

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タテハモドキの関連情報