タテ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「タテ」の意味・わかりやすい解説

タテ

三味線音楽用語。演奏者の階級的順位を示す名称で,各部門の主席のこと。唄,三味線,囃子ともに,それぞれ立唄,立三味線,立鼓と呼ばれるが,長唄の場合,特にタテと同格の人が別にいる場合,両立 (立分れ) といって2組に対立する形式もとられている。なお,山田流箏曲でもタテと称するが,歌本のうえではシテとも記す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android