コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タバコモザイクウイルス タバコモザイクウイルス tobacco mosaic virus

4件 の用語解説(タバコモザイクウイルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タバコモザイクウイルス
タバコモザイクウイルス
tobacco mosaic virus

植物ウイルスの一種で,タバコトマトなどの葉に濃淡緑色の斑点を生じさせたり,ちぢれさせたりする。 TMVと略記する。 1935年にウェンデル・スタンレーがこのウイルスを結晶として単離することに成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

タバコモザイク‐ウイルス(tobacco mosaic virus)

タバコの葉にモザイク病を起こすウイルス。初めて結晶化されたウイルスとして有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タバコモザイクウイルス

略称TMV。植物ウイルスの一種。タバコをはじめ,ナス科,キク科,マメ科など22科,200種以上の植物に寄生し,モザイク病を引き起こす。接触伝染や土壌伝染によって広がるが,媒介生物はいない。
→関連項目ウイルス病スタンリー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タバコモザイクウイルス【tobacco mosaic virus】

タバコモザイク病の病原体。TMVと略称。長さ300nm,幅15nmの棒状をしたウイルスで,ウイルス粒子は核酸とタンパク質から構成されていて,分子量はおよそ4000万である。中心部に分子量20万の1本鎖の核酸(RNA)をもち,その回りに分子量1万8000の外被タンパク質がおよそ2000個取り巻いている。 タバコモザイクウイルスは,ウイルス学の歴史上重要な研究対象であった。タバコモザイク病は,タバコの葉の表面に緑色の斑が現れ,葉の形がいびつになる病気として,古くから知られていたが,ながらく原因不明であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タバコモザイクウイルスの関連キーワードモザイク病タバコモザイク病TMVモザイク遺伝子モザイク国家狂気のモザイクモザイク病(ソルガム・スーダングラス)モザイク病(アカクローバ)モザイク病(シロクローバ)モザイク病(アルサイククローバ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タバコモザイクウイルスの関連情報