タバコモザイクウイルス(英語表記)tobacco mosaic virus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タバコモザイクウイルス
tobacco mosaic virus

植物ウイルスの一種で,タバコやトマトなどの葉に濃淡緑色の斑点を生じさせたり,ちぢれさせたりする。 TMVと略記する。 1935年にウェンデル・スタンレーがこのウイルスを結晶として単離することに成功した。RNAウイルスであってデオキシリボ核酸 DNAは含まず,リボ核酸 RNAの細長い芯を蛋白質サブユニットが多数囲んで筒状となり,全体は長さ 280nm,径 15nmの六角棒状をなす。 (→モザイク病 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

タバコモザイクウイルス

略称TMV。植物ウイルスの一種。タバコをはじめ,ナス科,キク科,マメ科など22科,200種以上の植物に寄生し,モザイク病を引き起こす。接触伝染や土壌伝染によって広がるが,媒介生物はいない。ウイルス粒子は長さ300nm,直径18nmの棒状で,約6400ヌクレオチドの1本鎖RNAと,それを包んでらせん状に並ぶ約2100個の外被タンパク質から構成されている。古くからよく知られているウイルスで,生化学的,分子生物学的研究が最も進んでいる。→植物ウイルス病
→関連項目ウイルス病スタンリー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タバコモザイクウイルス【tobacco mosaic virus】

タバコモザイク病の病原体。TMVと略称。長さ300nm,幅15nmの棒状をしたウイルスで,ウイルス粒子は核酸とタンパク質から構成されていて,分子量はおよそ4000万である。中心部に分子量20万の1本鎖の核酸(RNA)をもち,その回りに分子量1万8000の外被タンパク質がおよそ2000個取り巻いている。 タバコモザイクウイルスは,ウイルス学の歴史上重要な研究対象であった。タバコモザイク病は,タバコの葉の表面に緑色の斑が現れ,葉の形がいびつになる病気として,古くから知られていたが,ながらく原因不明であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android