コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タボラ Tabora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タボラ
Tabora

タンザニア中西部の都市。タボラ州州都キゴーマ東方約 350km,標高 1200mの高原に位置。 1820年アラブ人が奴隷・象牙貿易の基地として建設。ダルエスサラームから,ムワンザ,キゴーマにいたる鉄道の分岐点で,周辺で産するトウモロコシ,ナンキンマメ,タバコ,米などの集散地。 58年探検家 J.スピークのビクトリア湖探査の基地となった。付近に探検家 H.スタンレーと D.リビングストンが住んでいた家が残る。国内空港がある。人口 21万 4641 (1985推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

タボラ

タンザニア西部,ダル・エス・サラームから鉄道で約850kmにある都市。西部地方の商業軍事中心地で,鉄道工場がある。1820年ころアラブ人が創設。12万8000人(2001)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

タボラ

ビルケンシュトックが販売するサンダル。同社のブランド「パピリオ」の製品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タボラ【Tabora】

東アフリカ,タンザニア中西部の内陸にある小都市。人口8万7000(1984)。同名州の州都である。インド洋岸のダル・エス・サラームの北西約750km,標高1190mの高原にあって,気候は爽涼(そうりよう)である。ダル・エス・サラームとタンガニーカ湖を結ぶ鉄道・道路上の要衝で,空港もあり,農牧業の生産物の集散地である。1820年ころアラブの奴隷商人によって建設され,内陸との交易の重要な拠点となった。リビングストンの探検の基地としても知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タボラ
たぼら
Tabora

東アフリカ、タンザニア中部の都市。タボラ州の州都。人口13万8800(2002推計)。ダルエス・サラームから通じる鉄道のムワンザおよびキゴマへの分岐点に位置する。かつては沿岸部からタンガニーカ湖に延びるアラブ商人の交易ルートの内陸における中心地であった。背後にタバコ栽培地域がある。[赤阪 賢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タボラの関連キーワードカルシトリオールレセプター欠損カタボライトリプレッションボラン(データノート)アンモニオボライトカタボライト抑制ニャムウェジ族ペンタボラン異化産物抑制最終産物阻害シニャンガラッセン岩シンギダニエレレボラン編曲シザ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android