コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タム タムTam, Jacob ben Meïr

7件 の用語解説(タムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タム
タム
Tam, Jacob ben Meïr

[生]1100
[没]1171.6.9.
フランスタルムード注解者。別名,Rabbenu Tam。ユダヤ教の用語,法令を制定。主著『正義の書』 Sēfer ha-yashar (1811) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

タム
タム
Tamm, Igor' Evgen'evich

[生]1895.7.8. ウラジオストク
[没]1971.4.12. モスクワ
ソ連の物理学者モスクワ大学エディンバラ大学に学び,モスクワ大学教授 (1927) 。ソ連科学アカデミーレーベデフ物理学研究所理論部長 (34) 。ソ連科学アカデミー会員 (53) 。 1932年 J.チャドウィック中性子発見の直後に,原子核は陽子と中性子から成り立つという理論を D.イワネンコとともに提唱。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タム(Igor' Evgen'evich Tamm)

[1895~1971]ソ連の物理学者。核物理学研究に有用な「チェレンコフ効果」の理論的解明に成功。1958年、ノーベル物理学賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

タム

ソ連の物理学者。ウラジオストク生れ。モスクワ大学を出て,1927年モスクワ大学教授,1934年レベデフ物理学研究所長。I.M.フランクと協力しチェレンコフ効果(1934年発見)の理論的研究を行い,その物理的成因と諸特性を明らかにした。
→関連項目チェレンコフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

タム

サンリオのキャラクターシリーズ「タキシードサム」のキャラクター。蝶ネクタイと水兵帽をつけたペンギン。サムの弟。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

タム【Igor Evgenevich Tamm】

1895~1971) ソ連の理論物理学者。チェレンコフ効果の理論的解明を行い、1958年 P = A =チェレンコフ・ I = M =フランクとともにノーベル物理学賞を受賞。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タム
たむ
Игорь Евгеньевич Тамм Igor' Evgen'evich Tamm
(1895―1971)

ソ連の理論物理学者。ウラジオストクに生まれ、1918年モスクワ大学を卒業。クリミア大学、モスクワ大学などで教え、1934年からレーベデフ物理学研究所理論部の主任。1932年、中性子が発見されると、量子電気力学を適用して中性子が磁気モーメントをもつことを指摘し、また核力を交換力で説明できることを指摘した。さらにI・M・フランクとともに「チェレンコフ効果」を理論的に研究し、それが物質中を超光速で動く電子による電磁的なマッハ衝撃波であると解釈した(1937)。この研究により1958年、チェレンコフ、フランクとともにノーベル物理学賞を受賞した。その後、熱核反応の制御の問題に貢献した。[佐藤 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タムの関連キーワード承安宝塚市の汚職事件ウェールズ語津野荘哲宗ブルトン語ホホカム文化英語ウェールズ文学英語

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タムの関連情報