コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タリス タリスTallis, Thomas

5件 の用語解説(タリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タリス
タリス
Tallis, Thomas

[生]1505頃
[没]1585.11.23. グリニッジ
イギリスの作曲家,オルガン奏者。 1540年までウォルサム大聖堂のオルガン奏者。 45年頃から終生イギリス王室に仕え,W.バードとともに王室礼拝堂のオルガン奏者をつとめた。 75年バードとともにエリザベス1世によってイギリスにおける楽譜印刷の独占権を与えられ,2人の作品から成るモテト集『カンツィオーネス・サクレ』 (1575) をはじめ多くの曲集を出版した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タリス

イギリスの作曲家,オルガン奏者。生地は不詳。イギリス宗教改革の激動期を生き,教会音楽に大きな功績を残した。前半生をカトリック修道院のオルガン奏者として過ごし,その後ロンドンの王室礼拝堂(チャペルローヤル)で活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

タリス

国際高速鉄道のひとつ。1996年運行開始。パリ(フランス)・ブリュッセル(ベルギー)からアムステルダム(オランダ)・ケルン(ドイツ)を結ぶ。ワインレッドの車体が特徴。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

タリス【Thomas Tallis】

1505頃~1585) イギリスの作曲家。ヘンリー八世からエリザベス一世までの各王に仕える。多くの作品中特にサービスとアンセムは、最初期の英国国教会用の音楽を含み歴史的に重要。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タリス
たりす
Thomas Tallis
(1505ころ―1585)

イギリスの作曲家。サービスアンセムとよばれる英語の歌詞に基づいた教会音楽のほか、ミサ、モテットなどのラテン語教会音楽、鍵盤(けんばん)音楽、合奏曲を書いている。1542年、イギリス王室礼拝堂のジェントルマンとして同礼拝堂のオルガン奏者となり、85年11月23日に世を去るまでその地位にとどまった。72年からは弟子のバードとオルガン奏者の職を分担し、75年、両者はエリザベス1世より楽譜出版販売に関する21年間に及ぶ独占権を与えられている。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のタリスの言及

【タレンシ族】より

…1930年代にイギリスの社会人類学者M.フォーテスが調査を行い,2冊の民族誌を著した。タレンシ族は政治的にも文化的にも異なる二つの集団,タリスとナモースから成り,全体としての統一はなかったが,タレの土地に住む者としての連帯意識をもち,クラン結合や宗教的協同による密接な相互交流を行っていた。タリス(真のタレ人)は祖先(5人)が大地から出てきたと語られている。…

※「タリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

タリスの関連キーワード近衛政家四国征伐イワン梅枝イワン後法興院記十三陵タリス二本松義継グレゴリウス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タリスの関連情報