コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターボファン・エンジン ターボファン・エンジンturbofan engine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターボファン・エンジン
turbofan engine

ガスタービン・エンジンの一種。ターボジェット・エンジンの前部に大きなファンを増設し,最後部に追加したタービンで駆動する。これによって大量の空気を圧縮するが,その大半は燃焼室を通らず,側路を通るバイパス流となって後方へ噴射され,燃焼ガスと相まってエンジン推力を高める。このバイパス流と燃焼室を通る空気との流量比 (バイパス比) が大きいほど燃料消費率が低くなる。その結果,推進効率が増し,排気速度が下がり,騒音も小さくなる。近年の大型ジェット輸送機は,このターボファン・エンジンを装備するものが主流で,バイパス比の大きな高バイパス・エンジンをつけたものが多い。バイパス・エンジン by-pass engine ,ダクテッドファン・エンジン ducted-fan engineと呼ぶこともある。 (→ガスタービン )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ターボファン・エンジンの関連キーワードエアバスA380超大型ジェット旅客機ボーイング787ドリームライナーターボプロップエンジンツポレフTuジェットエンジンロッキードUアフターバーナー航空機の推進装置スホイSuホンダジェットファンジェット航空エンジンバイカウントMU巡航ミサイル超音速旅客機亜成層圏飛行航空機騒音航空原動機ジェット機

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ターボファン・エンジンの関連情報