コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイバーズ Divers, Edward

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイバーズ
Divers, Edward

[生]1837.11.27. ロンドン
[没]1912.4.8. ロンドン
イギリスの化学者。クイーンズ・カレッジ実験講師。 1873年来日。日本の工学寮 (工部大学校) で化学の講義を担当。工部大学校と東京大学が合併して帝国大学となったとき (1886) ,桜井錠二とともに化学科の教授になった。ロイヤル・ソサエティ会員 (1885) 。 99年に帰国するまで高峰譲吉下瀬雅允ら多くの化学者を指導し,日本の化学界に多大の影響を与えた。窒素化合物など無機化学に業績がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ダイバーズ Divers, Edward

1837-1912 イギリスの化学者。
1837年11月27日生まれ。明治6年日本政府の招きで来日,工学寮・工部大学校(現東大工学部),帝国大学理科大学(現東大理学部)で無機化学をおしえ,日本の化学者の育成につくした。32年帰国。1912年4月8日死去。74歳。ロンドン出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ダイバーズ【Edward Divers】

1837‐1912
イギリスの化学者。ロンドンの生れ。王立化学学校でA.W.vonホフマンとその助手W.クルックスから化学の手ほどきを得たのち,クイーンズ・カレッジや医学校で化学や法医学の教師をつとめ,この間,炭酸アンモニウムや次亜硝酸塩などに関する研究を行う。1873年招かれて来日。文部省工学寮,工部大学校で化学を教える。学生に高峰譲吉,垪和(はが)為昌,下瀬雅充らがいた。86年工部大学校が東京帝国大学に合併される際,桜井錠二とともに理科大学化学科の初代教授となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイバーズ
だいばーず
Edward Divers
(1837―1912)

イギリスの化学者。お雇い外国人教師。ロンドンに生まれ、王立化学学校で1年間ホフマン教授とその助手クルックスに化学を学ぶ。同級生に、のちに合成アニリンを発見するパーキンがいた。1854年アイルランドのクイーンズ・カレッジの助手になり、1860年医学博士を取得。1866年この地を去り、バーミンガムのクイーンズ・カレッジほかで薬物学、物理学、ミドルセックス病院医学校で法医学の講師を務め、この間に炭酸アンモニウムや亜硝酸塩の研究を行い、次亜硝酸塩を発見するなどの業績をあげた。しかし、一流の大学の教育を受けていないためもあってか業績に応じたポストは与えられなかった。1873年(明治6)日本の工部省に招かれて、ダイエルらとともに工学寮工学校(1877年工部大学校となる)教師となり、工部省廃止に伴い、1886年新設の帝国大学理科大学教師に桜井錠二教授とともに就任、1899年の帰国まで無機化学を教えた。門下から高峰譲吉、河喜多能達(かわきたみちただ)(1853―1924)、垪和為昌(はがためまさ)(1856―1914)、清水銕吉、下瀬雅允(しもせまさちか)らが育つが、彼らとともにセレンとテルルの新分離法、窒素や硫黄(いおう)の化合物について精力的に研究した。
 幼時に眼病を患い、視力が低かったうえに、1884年オキシ塩化リンの瓶が爆発し失明寸前に至ったが、ひるまず研究、教育に打ち込み学生らを感動させた。不幸は重なり、1891年ひとり息子を、1897年には妻を失う。娘2人はフランス人、イギリス人と結婚した。1885年その業績を認めたケミカル・ソサイエティーは彼をフェローに選び、1899年帰国後ケミカル・ソサイエティー副会長(1900)、ソサイエティー・オブ・ケミカル・インダストリー会長(1905)などを歴任した。東京大学理学部化学科の中庭には彼の青銅像がある。[道家達將]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダイバーズの関連キーワードスキューバ日本科学史ロレックス垪和 為昌垪和為昌潜水具朝川優

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダイバーズの関連情報