ダイムラー・クライスラー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイムラー・クライスラー
だいむらーくらいすらー
Daimler Chrysler AG

1998年11月にドイツの自動車メーカー、ダイムラー・ベンツとアメリカの三大自動車メーカー(ゼネラル・モーターズ=GM、フォード、クライスラー)の一つであるクライスラーが合併して誕生した会社。売上高で日本のトヨタ自動車を抜き、GM、フォードに次ぐ世界第3位(1998年現在)の企業となった。ヨーロッパとアメリカの大企業どうしの合併は、自動車業界の世界的な再編の幕開けとして大きな反響をよんだ。登記上の本社は、ドイツのシュトゥットガルト。
 ダイムラー・ベンツは1926年に設立され、大型の高級車の生産を中心に発展を遂げてきた。「ベンツ」の名称は世界の高級車の代名詞であり、そのブランド・イメージは消費者の間に深く浸透している。一方で、ダイムラーグループは自動車以外に、宇宙・航空、エレクトロニクスなどの部門を抱えるドイツ最大の企業でもある。親会社のダイムラー・ベンツは持株会社であり、傘下に自動車部門のメルセデス・ベンツ、電機部門のAEG(ともに1997年親会社に吸収合併)、宇宙・航空部門のDASA(ダイムラー・ベンツ・エアロスペース、のちのヨーロピアン・エアロノーティック・ディフェンス・アンド・スペース、略称EADS)などの企業を擁していた。当時の筆頭株主はドイツ銀行であり、グループの政策決定に大きな影響力をもっていた。
 クライスラー社は、GMで活躍していたW・P・クライスラーが1925年に設立し、GM、フォードとともに「ビッグ・スリー」を形成してきた。1973年のオイル・ショックを境に業績が悪化し倒産の危機に直面したが、連邦政府保証融資を受け再建を図った。事業内容は、クライスラー、ダッジなどの乗用車やトラックなどの自動車部門が中心であるが、傘下に金融サービス、レンタカー事業を行う企業を擁していた。
 合併したダイムラー・クライスラーの初年度決算(1998年12月期)では、売上高が1546億1500万ドルと1997年の両社の合計額に比べ約10%の増収となった。合併の効果は大きいとみられていたが、問題がないわけでもなく、ドイツとアメリカでは、コーポレートガバナンス(企業統治)の形態が異なるため、新会社がどのような形態をとるのかが注目されていた。結局、ドイツ型の統治形態に基づき、監査役会の労働側代表ポストの一つをドイツ金属労組(IGメタル)が全米自動車労組(UAW)に明け渡す形で決着したが、労使の協調を基本とし、「コンセンサス」(意見一致)を重視するドイツ型経営と、徹底した競争原理に基づく「トップダウン」(上意下達)の経営を志向するアメリカ型経営がうまくかみ合うのかどうかが課題となった。[所 伸之]
 合併後、販売が振るわず、2007年5月にクライスラー部門をアメリカの投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメントに売却した。同年10月には社名をダイムラーに変更した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android