コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現代自動車

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

現代自動車

1967年設立で、76年に韓国で初の国産乗用車「ポニー」を発売。通貨危機後の98年には韓国2位の起亜自動車傘下に入れ、自動車部品メーカーや製鉄会社もグループ内に抱える。今や韓国ではサムスンに次ぐ巨大財閥だ。日本では振るわず、09年に乗用車販売から撤退した。

(2014-10-05 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒュンダイ‐じどうしゃ【現代自動車】

Hyundai Motor》韓国の自動車会社。現代起亜(キア)自動車グループの中核をなし、傘下に起亜自動車をもつ。1967年設立。1976年に三菱自動車の協力を得て同国初の国産車を販売。2000年、日本法人ヒュンダイモータージャパンを設立した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現代自動車
げんだいじどうしゃ

ヒュンダイ・モーター」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

現代自動車
げんだいじどうしゃ
Hyundai Motor Co., Ltd.

韓国(大韓民国)の自動車メーカー。かつては韓国三大企業グループの一つであった現代グループの傘下にあった。本社所在地はソウル。
 1967年に創立され、イギリスのフォード社との提携による軽トラックの生産から始まった。1970年代前半、自家用車のライセンス生産から、日本とイギリスの自動車生産のノウハウを導入し、ジウジアーロのデザインによる「ポニー」を生産。1984年に三菱自動車と提携し、乗用車「ポニー・エクセル」の輸出を開始、同年日本でも発売された。この間、1974年に韓国証券取引所に上場。1985年にはカナダに工場を建設、北米でも販売を開始し、韓国自動車産業の基礎を確立した。1997年に経営破綻(はたん)した起亜自動車を買収し、経営統合した。2000年に現代グループの中核企業である現代建設が経営破綻し、グループが危機に陥った際に現代自動車はグループから離脱し、傘下企業とともに独立の企業集団を形成した。現代・起亜自動車グループは順調に発展し、世界的な自動車メーカー(2008年の販売台数は415万台で世界第5位)に発展している。2008年時点で現代自動車の売上高は32兆1898億ウォン、純利益は1兆4479億ウォン。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の現代自動車の言及

【現代財閥】より

…この間67年には韓国最大の自動車メーカーである。現代自動車(1995年度資本金3067億ウォン)を,73年には現代重工業(造船・重機械製造,1995年度資本金2158億ウォン)を設立し重工業部門を拡充し,76年には現代総合商事の設立によって国内外の受注・販売機能を拡大し,韓国有数の財閥グループとしての地位を固めた。また,80年以降は金融業への進出が進み,銀行,証券業に対する出資が増えている。…

※「現代自動車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

現代自動車の関連キーワード現代(ヒョンデ)自動車不正資金問題金剛山(朝鮮民主主義人民共和国)韓国から日本への自動車部品輸出米カリフォルニア州の環境規制三菱自動車工業[株]自動車事故被害者問題CarPlayプラウディア大宇グループMOTOKOエラントラサンタフェ河北(省)鄭 夢九GMBソナタ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現代自動車の関連情報