コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダフニス ダフニス Daphnis

翻訳|Daphnis

4件 の用語解説(ダフニスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ダフニス(Daphnis)

ギリシャ神話で、シシリアの羊飼い。ヘルメスニンフの子。その美貌で、神々やニンフに愛された。牧歌の創始者とされる。
土星の第35衛星。2005年に発見。名はに由来。公転軌道が2番目に土星に近く、環の「キーラーのすき間」にある。非球形で平均直径は約7キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダフニス

ギリシア伝説のシチリアの牧童。ニンフのエケナイスに愛を誓ったが,誓いを破ったため盲目にされる。自らを慰めて歌ったのが牧歌の起りという。ロンゴスの牧歌的小説にはクロエの恋人として登場するほか,ベルナルダン・ド・サン・ピエールの《ポールとビルジニー》やM.ラベルバレエ音楽に題材を提供している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ダフニス【Daphnis】

ギリシャ神話で、シチリアの美男の羊飼い。ニンフや神々に愛された。牧歌の創始者という。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダフニス
だふにす
Daphnis

ギリシア神話に出てくるシチリアの羊飼い。父はヘルメス、母はニンフで、彼は月桂樹(げっけいじゅ)(ダフネ)の森で生まれたので、「月桂樹の子」(ダフニス)と命名されたという。また月桂樹の森に生み捨てられたのを牧人たちが見つけ、ダフニスと名づけて牧人に育てあげたともいわれる。ダフニスは家畜の番をしながら好んで笛を吹いたり歌を歌ったが、牧歌は彼によって発明され、後世までシチリアに伝えられたという。またその美貌(びぼう)からダフニスはニンフたちに愛されたが、すべてすげなくあしらったり拒絶した。彼はあるニンフに愛を誓いながらそれに背いたため盲目にされ、悲しみのあまり崖(がけ)から身を投げて死んだ。テオクリトスによれば、女神アフロディテの怒りを受けて死に、神々やニンフ、野獣たちまでがその死を悲しんだという。ダフニスの伝説はステシコロス以来しばしば文学の対象とされたが、テオクリトスによって初めて牧歌が文学として完成されるとともに、彼はその作中人物として典型化され、牧歌と結び付いて後世に至るまで好んで用いられている。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のダフニスの言及

【ゲッケイジュ(月桂樹)】より

…以後この木はアポロンの聖木となり,彼が音楽,弓術,詩歌の神でもあったことから,竪琴と矢筒および詩人の額を飾る誉れの印となった。また,ダフネの名もこの木の呼名となり,たとえばヘルメスの息子で牧歌の創始者と伝えられるダフニスDaphnisのように,ゲッケイジュの森で生まれたことにちなむ人名にも転用された。このダフニスにも,エロスに挑んでニンフを熱愛する罰を受けた神話が語られている。…

【ニンフ】より

…人間に対しては,庭園や牧場に花を咲かせ,家畜を見張り,狩りの獲物を提供し,泉の水を飲むか浴する者に予言の力を授けたり,病を治してやるなど,おおむね友好的である。しかしときには森の中を通る旅人を怖がらせたり,その姿を見た者にとりついて正気を失わせたり,またアルゴ船乗組員の美少年ヒュラスHylasを泉に引きこんだように,人をさらったり,シチリア島の羊飼いダフニスDaphnisを盲目にしたように,求愛に応じない者に報復するなどの害をなすこともあると信じられた。このため彼女たちは古くからギリシア各地で崇拝の対象となっており,しばしば泉や洞に供物がそなえられた。…

【盲人】より

片目一つ目【小田 亮】
[伝承と寓意]
 西洋では,盲目になることは,通常は見ることを許されぬものを見た人や誓いを破った人に下される神罰と考えることが多かった。ギリシアの神話や伝説には,いっさいの立入りが許されないポセイドンの聖域に侵入したアルカディアの英雄アイピュトスAipytos,ほかの乙女とは恋をしないというニンフとの誓いを破ったダフニス等が盲目とされる話がある。これらの神話や伝説は,見ることが必ずしも知ることにつながらず,かえって傲慢や無知におちいり,罰を受ける結果になることを教えている。…

※「ダフニス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダフニスの関連キーワードザレウコスシチリア王国シチリア島シチリア派タオルミナ両シチリア王国カシオペイアアレトゥーザの泉サチリアージスジェーラ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダフニスの関連情報