コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダーシー D'Arcy, Martin Cyril

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダーシー
D'Arcy, Martin Cyril

[生]1888.6.15. バス
[没]1976.11.20. ロンドン
現代イギリスのカトリック神学者。イエズス会士。 1927年からオックスフォードキャンピオン・ホールで学生を指導,ついで 45~50年イエズス会イギリス管区長。ニューマン神学の影響を受け,またトマス・アクィナスの研究でも有名。 53年来日。著書『トマス・アクィナス』 (1930) ,『カトリシズム』 (31) ,『愛のロゴスとパトス』 (45) などによって広い層の読者に迎えられた。

ダーシー
D'Arcy, William Knox

[生]1849.10.11.
[没]1917.5.1. スタンモア
イラン石油開発の最初の事業家。イギリスに生れ,父とオーストラリアに行き,金鉱で財産を築きロンドンに戻った。 1901年カージャール朝からイラン石油利権を取得した。利権は 60年の長期にわたるもので,利権区は 130万 km2に及び,ロシアに接する5州を除く全国にわたっていた。 08年南西イランで最初油田を掘当て,09年アングロ・ペルシア石油会社が設立されて,この事業を引継いだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダーシー【William Knox D’Arcy】

1849‐1917
イランの石油の発見者。オーストラリアの鉱山技師で,1901年,イギリス政府のアシスタントとしてイランのカージャール朝国王から,全南部諸州,中部イランの大部分の莫大な鉱区の石油開発利権を入手。約7年間,からの油井ばかりで資金を使い果たしたころ,1908年5月,アフワーズの北,約9kmのマスジェデ・スレイマーンで豊富な油田を掘り当てることに成功した。翌09年,アングロ・ペルシアン石油会社(ブリティッシュ・ペトロリアム会社の前身)が設立された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ダーシーの関連キーワードブリティッシュ・ペトロリアム[会社]ブリティッシュ・ペトロリアム[会社]ニューヨーク・シティ・バレエ団ジョン・ポール ジョーンズエクソシスト・ビギニングランドール ギャレットバーラタ・ナティヤムビリー コーガンコリン ファースドーン ハドソンイラン国営石油4月13日西アジア史色覚遺伝子自負と偏見ドンレビー左藤吏奈ロンドン5月2日アバダン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダーシーの関連情報