コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルスキー山脈 チェルスキーさんみゃく khrebet Cherskogo

2件 の用語解説(チェルスキー山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェルスキー山脈
チェルスキーさんみゃく
khrebet Cherskogo

ロシア東部,サハ共和国マガダン州にまたがる山脈。ヤナ川下流部河谷からコルイマ川上流部河谷まで,北西-南東方向に約 1600kmにわたって連なる一連の山脈によって形成される。最高峰ベーダ山 (3147m) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェルスキー山脈
ちぇるすきーさんみゃく
Хребет Черского Hrebet Cherskogo 

ロシア連邦、シベリアのサハ共和国にある山脈。1200キロメートルにわたり北西―南東に連なる。最高峰は3147メートルのポベーダПобеда/Pobeda山。山脈の東部をインジギルカ川が、西部をヤナ川が北流し、中腹から山麓(さんろく)一帯にはタイガ(針葉樹林帯)が広がる。亜鉛、鉛、タングステンなど地下資源が豊富。西部のベルホヤンスクと南部のオイミャコンは世界の寒極である。この山脈の西部をベルホヤンスク山脈がほぼ並行して走っている。山脈名は、ロシアのシベリア研究家チェルスキーにちなむ。なお、ザバイカル(バイカル湖東部)にも同名の山脈がある。[須長博明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェルスキー山脈の関連キーワードヤクート語サハ共和国ЯкутскЯкутАлданМагаданカバルディノ・バルカル[共和国]サハ[共和国]チェルスキー[山脈]モルドビア[共和国]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone