コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルスキー山脈(読み)チェルスキーさんみゃく(英語表記)khrebet Cherskogo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェルスキー山脈
チェルスキーさんみゃく
khrebet Cherskogo

ロシア東部,サハ共和国マガダン州にまたがる山脈。ヤナ川下流部河谷からコルイマ川上流部河谷まで,北西-南東方向に約 1600kmにわたって連なる一連の山脈によって形成される。最高峰ポベーダ山 (3147m) 。主として砂岩頁岩変成岩花崗岩,堆積層から成る。北東斜面は標高 400m,南西斜面は 100mまでカラマツタイガがみられる。それより上部は灌木・山地ツンドラ地帯となり,カール (圏谷) などの氷河地形がみられ,氷河 (総面積 150km2以上) も発達している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェルスキー山脈
ちぇるすきーさんみゃく
Хребет Черского Hrebet Cherskogo 

ロシア連邦、シベリアのサハ共和国にある山脈。1200キロメートルにわたり北西―南東に連なる。最高峰は3147メートルのポベーダПобеда/Pobeda山。山脈の東部をインジギルカ川が、西部をヤナ川が北流し、中腹から山麓(さんろく)一帯にはタイガ(針葉樹林帯)が広がる。亜鉛、鉛、タングステンなど地下資源が豊富。西部のベルホヤンスクと南部のオイミャコンは世界の寒極である。この山脈の西部をベルホヤンスク山脈がほぼ並行して走っている。山脈名は、ロシアのシベリア研究家チェルスキーにちなむ。なお、ザバイカル(バイカル湖東部)にも同名の山脈がある。[須長博明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android