チェルヌィシェフスキー(読み)ちぇるぬぃしぇふすきー(英語表記)Николай Гаврилович Чернышевский/Nikolay Gavrilovich Chernïshevskiy

日本大百科全書(ニッポニカ)「チェルヌィシェフスキー」の解説

チェルヌィシェフスキー
ちぇるぬぃしぇふすきー
Николай Гаврилович Чернышевский/Nikolay Gavrilovich Chernïshevskiy
(1828―1889)

ロシアの革命的民主主義者、社会思想家。聖職者の子としてサラトフに生まれる。生地の神学校を経てペテルブルグ大学に入学。ベリンスキーヘーゲルフォイエルバハの著作を熱読し、また18世紀フランスの唯物論者、フーリエらの影響を受ける。ロシアの専制政治への批判と西欧の一八四八年革命の余波を受けて、彼は、1850年の卒業時には唯物論的世界観を形成していた。1853年から『現代人(ソブレメンニク)』誌において、農奴解放前後の状況下で農民大衆の立場にたった「下からの」変革を主張し、活発な文筆活動を展開した。1862年逮捕・投獄され、1864年シベリア流刑に処される。1883年にアストラハンに移され、1889年にはサラトフに帰郷を許されるが、4か月後に没した。

 著述活動は多岐にわたり、政治社会評論から哲学・経済学・歴史学の論考、文学評論から小説にまで至る。『現実に対する芸術の美学的関係』(1855)では、美とは生であり、芸術は現実認識の手段であるとしてリアリズムを唱え、『ロシア文学のゴーゴリ時代概観』(1855~1856)でロシアにおける文学の重要性を論証した。1860年には、マルクスも高く評価した『ミル経済学原理への評解』や『資本と労働』で、労働者は自らの労働の結果を所有する権利をもつという「勤労者の理論」を提起し、農工業協同組合を社会主義の第一の基本形態として、農村共同体に基づき直接、社会主義に移行する、非資本主義的発展の可能性を述べた。また同年『哲学の人間学的原理』で主観主義と不可知論を否定する実証主義的唯物論を主張し、一方で歴史の進歩と人間生活の推進力を理性にみいだそうとした。この思想は、女性の解放と社会主義的理想を描いた小説『なにをなすべきか』(1863)のなかで新しい人間像の創造となって結実した。この小説は著者自身の不屈の生きざまとともに、19世紀後半の青年たちに多大の影響を及ぼし、とくに作中人物ラフメートフは職業革命家の理想とされた。理性信仰に基づき、社会的利益への志向が内的発意となることを説く「理性的エゴイズム」が、新たな主体的人間の倫理として提唱された。

[大竹由利子]

『石山正三訳『芸術と現実との美学的関係(抄)』(『世界大思想全集27』所収・1954・河出書房)』『石川郁男訳『資本と労働』(1965・未来社)』『森宏一訳『チェルヌィシェーフスキー著作選集』全2巻(1986~1987・同時代社)』『西澤富夫訳『J・S・ミル「経済学原理」への評解』上下(岩波文庫)』『金子幸彦訳『何をなすべきか』上下(岩波文庫)』『金子幸彦・細谷新治・石川郁男・今井義夫編著『チェルヌィシェフスキイの生涯と思想――ロシア解放思想の先駆者』(1981・社会思想社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android