コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルノーゼム chernozem

翻訳|chernozem

百科事典マイペディアの解説

チェルノーゼム

温帯ステップに発達する土壌型。黒土を意味するロシアの俗語が語源。きわめて肥沃でヨーロッパの穀倉地帯を形成(黒土地帯)。団粒構造の発達した黒色の厚い腐植層,炭酸塩集積層,母材(ふつうレスなどの石灰質堆積物)の順に重なり,炭酸塩集積層中には特徴的な形の炭酸カルシウム沈殿がみられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェルノーゼム【chernozem】

温帯の大陸性半乾燥気候下の多年生イネ科高茎草本を主とする自然草原(ステップ)に発達する土壌。ロシア語で〈黒い土〉を意味する言葉に由来し黒土(こくど)と訳されることもあるが,単なる黒色の土壌ではなく,日本で一般に黒土(くろつち)と呼ばれるものとはまったく異なる。ステップでは春先の融雪水と初夏の降雨によって草本類が急速に生長し,多量の有機物が土壌に供給される。しかし夏季の乾燥と冬季の凍結によって微生物の活動が中断されるため,有機物の無機化が妨げられる結果,土壌中に多量の腐植が集積する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チェルノーゼム【chernozyom】

半乾燥気候下の草原に発達する黒色の土壌。石灰分に富み、肥沃。ウクライナに典型的に分布。小麦の生産地帯が多い。黒土こくど

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のチェルノーゼムの言及

【ウクライナ】より

…キエフ以北の地方で,ウクライナ全体の19%を占める。(2)森林ステップ地方 肥えた黒土(きわめて肥沃な黒色土壌チェルノーゼム。最高16%までの腐植土を含み,180cm程度の層をなしている)地帯で,ドニエプルをはさんでウクライナの中央にひろがる地方。…

【草原】より

…夏の乾燥と冬の低温のためこの大量の植物遺体はゆっくり分解される。したがってステップの土壌はチェルノーゼム(黒土)と呼ばれるように腐植に富み,草本の根の密な発達で保水性や通気性もよく豊かである。黒土地帯にはコムギ,オオムギ,トウモロコシなどの作物が栽培され,世界有数の穀倉地帯となっている。…

【土壌型】より

…レシベ土は土壌中に浸透する雨水によって表層の細かい粘土が機械的に下方に移動して集積するため(このような作用はレシベ化作用といわれる),粘土の洗脱された明色のA3層と粘土が集積した濃褐色のBt層(アルジリック層)の分化が肉眼でも認められる。 冷温帯でも雨量の少ない大陸性乾燥気候下の多年生イネ科草本を主とする草原(ステップ)の代表的土壌型はチェルノーゼムである。ロシア平原からウクライナにかけて広く分布するこの土壌は,厚い黒色のA層が1m近くもあるきわめて養分に富んだ肥沃な土壌である。…

※「チェルノーゼム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チェルノーゼムの関連キーワードステップ気候プレーリー土熱帯黒色土壌成帯土壌冷温帯栗色土沖積土烏克蘭土色小麦

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チェルノーゼムの関連情報