コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェンバリン チェンバリンChamberlin, Edward Hastings

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェンバリン
Chamberlin, Edward Hastings

[生]1899.5.18. アメリカ,ワシントン,ラコナー
[没]1967.7.16. アメリカ,マサチューセッツ,ケンブリッジ
アメリカの経済学者。アイオワ州立大学卒業,ミシガン大学で修士,1927年ハーバード大学で博士号取得。ミシガン大学講師を経てハーバード大学に移り,37年教授,39~43年同大学経済学部長,48~58年同大学経済学機関紙"Quarterly Journal of Economics"編集長。彼の名を有名にしたのは主著『独占的競争の理論』 The Theory of Monopolistic Competition (1933) で,従来の理論では叙述的分析に放置されていた完全競争理論と完全独占 (および複占) の中間領域に生産物差別化という考えを中心に新たな理論的分析用具を導入して独自の独占的競争の理論を打立てた。同じ 33年に刊行された J. V.ロビンソンの『不完全競争の経済学』と並んでのちの経済学に大きな影響を与えた。ほかに編著"Monopoly and Competition and Their Regulation" (54) ,論文集"Towards a More General Theory of Value" (57) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チェンバリンの関連キーワードチェンバリン(Edward Hastings Chamberlin)アシュリー(Sir William James Ashley)ロビンソン(Joan Violet Robinson)内部経済・外部経済10月16日産業組織論3月18日5月18日アトウッド微惑星説9月9日太陽系終堆石

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android