コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チシマギキョウ

百科事典マイペディアの解説

チシマギキョウ

キキョウ科の多年草。本州中部以北,北海道の高山の砂礫(されき)地にはえ,樺太アラスカにも分布する。株立ちとなり,高さ10cm内外。根出葉倒披針形で柄があり,茎には小型の葉が互生する。7〜8月,茎頂に長さ3〜4cmの青紫色の鐘形の花が1個咲く。花冠内面や縁には長軟毛がある。近縁イワギキョウは花冠が長さ2cm内外とやや小さく,内面には毛がない。ほぼ同じ地域に分布する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チシマギキョウ
ちしまぎきょう / 千島桔梗
[学]Campanula chamissonis Fedoror

キキョウ科の多年草。根出葉は倒披針(とうひしん)形から長楕円(ちょうだえん)形で光沢があり、縁(へり)に波状の浅い鋸歯(きょし)がある。茎は高さ5~15センチメートル、8月に紫色花を1個横向きに開く。花冠は鐘形で先は広がって5裂し、内面に長い白毛がある。萼片(がくへん)は三角状広披針形、ほぼ全縁で、長い軟毛がある。高山帯の岩隙(がんげき)や風衝草原に生え、中部地方以北の本州、北海道、および樺太(からふと)(サハリン)、千島、アリューシャン、アラスカに分布する。名は、最初の採集地である千島に由来する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチシマギキョウの言及

【イワギキョウ】より

…花冠の長さ2~2.5cm,裂片に毛がない。これに似たチシマギキョウC.chamissonis Fedorovも高山植物で,アレウト列島から本州中部に分布する。花冠は大きく長さ3~3.5cm,裂片に長軟毛をつけ,萼裂片には歯牙がない。…

※「チシマギキョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android