コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チタン白 チタンしろ titanium white

5件 の用語解説(チタン白の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チタン白
チタンしろ
titanium white

酸化チタンの粉末を主成分とする白色顔料。組成は TiO2チタン鉄鉱,砂鉄,高チタンサイトなどを硫酸分解後,加水分解して製造する。アナタース型とルチル型の結晶型がある。白色顔料中,着色力,被覆力が最も大きく,特にルチル型はすぐれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チタン白【チタンしろ】

酸化チタン(IV)TiO2を主成分とする白色顔料。着色力,隠蔽(いんぺい)力が白色顔料中最大。塗料,紙や合成繊維のつや消しなどのほか,無毒なため化粧品にも使用する。
→関連項目チタン(元素)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チタンしろ【チタン白 titanium white】

酸化チタン(IV) TiO2を成分とする白色顔料。チタン鉄鉱FeTiO3を硫酸で処理して水酸化チタンを得,900℃に焙焼し酸化チタンとする。あるいは塩化チタンを気相酸化して製造する。結晶型によりアナタース(鋭錐石)型とルチル型の2種類があり,ともに正方晶系に属するが,アナタース型は比重3.90,屈折率2.55,ルチル型は比重4.20,屈折率2.70と相違する。白色顔料としての特色は着色力の大なことで,亜鉛華の8倍,鉛白の10倍もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チタンしろ【チタン白】

チタンはく【チタン白】

二酸化チタン(TiO2)を主成分とする微粉末。最も代表的な白色顔料。印刷インク・塗料・絵の具・化粧品、ゴム・プラスチックの着色などに広く用いる。チタンしろ。チタン-ホワイト。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チタン白の関連キーワード酸化チタンチタン磁器チタン工業二酸化チタンチタンコンデンサー炭化チタン塩化チタン硫酸チタン酸化チタン(II)酸化チタン(IV)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone