コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チドメグサ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チドメグサ
ちどめぐさ / 血止草
[学]Hydrocotyle sibthorpioides Lam.

セリ科の多年草。茎は長く地面をはう。葉は円形で径約1.5センチメートル、浅く切れ込む。托葉(たくよう)は質が薄く、すぐに腐る。6~10月、葉のわきから1本の花序の柄を出して先端に頭状の散形花序をつくり、小さな白色花を密に開く。花序の柄は葉柄より短く、地表に広がる葉に隠れて目だたない。果実は球形で細い稜(りょう)がある。本州から沖縄の人家の庭や道端に普通に生え、アジアの熱帯地域に広く分布する。葉をもんで、その汁を傷口につけると血が止まるといわれるので、この名がある。
 チドメグサ属はツボクサ属などとともにチドメグサ亜科を構成し、単散形花序と単葉をもつ、セリ科のなかでも原始的な一群で、世界の熱帯を中心に約100種分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チドメグサの関連キーワードノチドメ(野血止)オオバチドメオオチドメツボクサ野血止提灯草セリ科匍匐茎芝生銭草蛭草鏡草鶉草

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android