コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チマブーエ チマブーエ Cimabue, Giovanni

3件 の用語解説(チマブーエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チマブーエ
チマブーエ
Cimabue, Giovanni

[生]1240頃.フィレンツェ?
[没]1302以後
イタリアの画家。本名 Cenni di Peppi。ジョットの師ともいわれる。ダンテによって当代の最も著名な画家の一人に数えられている。ローマ (1272頃) ,アッシジ (77~81頃) ,フィレンツェ,ピサ (1301~02) などで制作した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

チマブーエ【Giovanni Cimabue】

1240頃~1302頃) イタリア-ルネサンス初期の画家。ジョットの師と伝えられ、その構図の新しさや人間性の追求においてフィレンツェ派の始祖といわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チマブーエ
ちまぶーえ
Giovanni Cimabue
(1240/45―1302?)

イタリアの画家。本名Cenni di Pepo。1272年から1302年にかけて記録が残るが、生没年はさだかでなく、1240年から45年にフィレンツェで生まれ、1302年初め(あるいは1301年末)にピサで死亡したと思われる。伝統的にジョットの師と考えられ、ルネサンス美術への道を開いた13世紀末のイタリア絵画の先達として大きな役割を果たした。その作風は、基本的にはビザンティン様式にとどまっているが、堂々たる人物の表現、現実感をもって迫る劇的効果、そして人間的情感の表現など多くの点で、ジョットを筆頭とする14世紀の真に革新的な絵画につながっている。その活動は、アレッツォのサン・ドメニコ聖堂の『キリストの磔刑(たっけい)』、アッシジのサン・フランチェスコ聖堂の壁画群、フィレンツェのサンタ・トリニタ聖堂の『荘厳の聖母』(現在ウフィツィ美術館蔵)とサンタ・クローチェ聖堂の『キリストの磔刑』、そしてピサ大聖堂内のモザイクの一部『福音(ふくいん)書家ヨハネ』などに及ぶ。ダンテが『神曲』(煉獄(れんごく))でジョットとともに彼に言及していることからも察せられるように、彼は生前から多大な名声を得、後世フィレンツェ派の祖というにふさわしい、高貴な出身の誇り高い画家として伝説化された。[石鍋真澄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チマブーエの関連キーワード受胎告知フィレンツェ方言フィレンツェ歌劇場管弦楽団フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団フィレンツェの思い出フィレンツェマラソンフィレンツェ五月音楽祭フィレンツェ人文主義フィレンツェ洗礼堂フィレンツェ・モザイク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone