コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チマローザ チマローザ Cimarosa, Domenico

7件 の用語解説(チマローザの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チマローザ
チマローザ
Cimarosa, Domenico

[生]1749.12.17. ナポリアベルサ
[没]1801.1.11. ベネチア
18世紀イタリアの代表的な喜歌劇作曲家。 1761~72年ナポリの音楽院で A.サッキーニ,N.ピッチーニに師事。 72年オペラ『伯爵の気まぐれ』でデビューし,その後,ナポリ,ローマなどイタリアの諸都市で数多くのオペラを上演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チマローザ(Domenico Cimarosa)

[1749~1801]イタリアの作曲家。陽気で機知にあふれた作風で活躍し、18世紀イタリアのオペラブッファの伝統をロッシーニらに伝えた。作品にオペラ「秘密の結婚」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チマローザ

イタリアの作曲家。ナポリとローマを中心に活動し,ペテルブルグウィーンの宮廷にも一時仕えた。数多くのオペラ,ことにオペラ・ブッファオペラ)に本領を発揮し,代表作の《秘密の結婚》(1792年)をはじめ,その軽妙で活気にあふれた作品はパイジェロと人気を分け合った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

チマローザ

イタリアの作曲家。ナポリ近郊のアルヴェルサに生まれた。オペラの作曲によりナポリで成功を収め、イタリアで最も人気の高いオペラ作曲家の地位を確立した。1787年、サンクトペテルブルグに招かれ、ロシアの女帝 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チマローザ【Domenico Cimarosa】

1749‐1801
イタリアのナポリ楽派のオペラ・ブッファ作曲家。ナポリ,ローマを中心に活躍。ペテルブルグの宮廷やウィーンの宮廷で過ごした時期もある。軽妙・華麗で技巧的なオペラ・ブッファを多数作曲し,ヨーロッパ中で人気を博した。オペラのほかにカンタータオラトリオモテットほかの宗教曲,多数の器楽曲がある。代表作にオペラ・ブッファ《秘密の結婚》(1792)および《困った興行師》(1786)。【岸本 宏子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チマローザ【Domènico Cimarosa】

1749~1801) イタリアの作曲家。明るい豊かな旋律作法によって全ヨーロッパに名声を馳せ、ロシアの宮廷作曲家などをつとめた。代表作はオペラ-ブッファ「秘密の結婚」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チマローザ
ちまろーざ
Domenico Cimarosa
(1749―1801)

イタリアの作曲家。ナポリ近郊のアベルサに生まれる。ナポリの音楽院で学び、1772年オペラ作曲家としてデビュー、パイジェッロと人気を二分するナポリ楽派オペラの代表者として活躍。87~91年ペテルブルグ、92~93年ウィーンの宮廷楽長を経て、96年よりナポリの宮廷楽長を務めたが、99年の市民蜂起(ほうき)の際に共和制への賛歌を作曲したため、革命の失敗後死刑を宣告された。友人の嘆願で追放処分に減刑されたが、ベネチアで急死したため、当時ナポリ当局による毒殺が噂(うわさ)された。70曲近いオペラの大半は、優美な旋律と軽妙な劇的感覚にあふれるオペラ・ブッファ(喜劇的オペラ)で、代表作『秘密の結婚』(1792・ウィーン初演)は18世紀後半の傑作オペラに数えられ、今日も上演機会が多い。ほかに、出演歌手が1人だけの『宮廷楽士長』(作曲年不明)、イタリア旅行中のゲーテが絶賛した『困った興業師』(1786)、陰影に富む『レクイエム・ト短調』(1787)などが知られる。[大久保一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチマローザの言及

【ロシア・ソビエト音楽】より

… 1730年代に入ると,ロシアの宮廷に直接西欧から音楽が輸入され始めた。1735年以来長くロシアに滞在したイタリアの作曲家アラヤFrancesco Araja(1709‐70?)を草分けとして,ガルッピBaldassare Galuppi(1706‐85),トラエッタTommaso Traetta(1727‐79),パイジェロ,サルティGiuseppe Sarti(1729‐1802),チマローザといった一流のイタリア人作曲家が,エカチェリナ2世(在位1762‐96)の宮廷楽長としてペテルブルグに滞在した。イタリアをはじめ西欧から多くの音楽家が雇われて,ロシアの宮廷や大貴族の下で演奏やロシア人音楽家の教育に当たった。…

※「チマローザ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チマローザの関連キーワードオペラ・ブッファオペレッタナポリ楽派オペラセリアオペラブッファパイジェッロスカルラッティ アレッサンドロウォルフ・フェラーリピッチンニナポリ風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チマローザの関連情報