コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チマーゼ zymase

翻訳|zymase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チマーゼ
zymase

アルコール発酵に関連した 10種余に及ぶ一群の酵素の総称。 1897年 E.ブフナーが酵母細胞をすりつぶし,圧搾して得た無細胞液汁に,アルコール発酵力のあることを発見し,この成分をチマーゼと名づけた。のちに発酵の詳細な機構がわかり,この成分が多数の酵素から成ることが判明した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

チマーゼ

 ビール酵母を破砕して調製した無細胞液はグルコースエタノールに変換することができる.すなわち,解糖系の酵素をすべて備えている.この抽出液の機能が解糖の複数の酵素によって担われていることが不明であった時代にこの酵素系をチマーゼと命名した.現在の補酵素の部分は熱に安定なコチマーゼ(cozymase)とされた.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

チマーゼ【Zymase】

アルコール発酵を起こさせる十数種の酵素から成る複合酵素系。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チマーゼ
ちまーぜ
Zymaseドイツ語

糖類を発酵してアルコールと炭酸ガスにすることのできる酵母抽出液にある酵素系の呼び名。かつては発酵は生体(細胞)なしにはおこらないと考えられていたが、1897年ドイツの生化学者ブフナーが、ビール酵母の細胞を壊した抽出液でアルコール発酵を行わせることに成功し、この酵母抽出液をチマーゼと名づけた。実際にはこの抽出液中にフォスフォリラーゼなど十数種の酵素が含まれている。この発見によって発酵化学、酵素化学は画期的な進歩を遂げ、現在では関係するすべての酵素とその反応が明らかにされている。[伊藤莪]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チマーゼの関連キーワードオイラー・ケルピンNADPハーデン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android