コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チマ チマ

大辞林 第三版の解説

チマ

〔朝鮮語〕
朝鮮の女性の民族服。巻きスカート。胸からくるぶしまでの丈で、上着のチョゴリと組み合わせて着る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チマ【ch’ima】

朝鮮語で女子の服装に用いる裳(も)の義で,洋装のスカートにあたる。男子の冠服にもチマがあったが,特殊なものでやはり〈裳〉とよばれた。元来は漢制として伝来し,三国時代に定着した。その実物は正倉院御物にもみられる。身の丈に応じて4mくらいの布に腰回りにしたがって幅10cmくらいの腰布をつけ,腰布に紐をつけてまき,スカート様に着るものである。ゆるやかに下半身をおおうためオンドル生活に適している。高麗時代には何枚ものチマを重ねて着たことが文献にみえるが,これは腰部を豊満にみせるためであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チマ
ちま / 裳

朝鮮民族服の女性のスカートのこと。チョゴリという短い上着と組み合わせて着用する胸からくるぶしまでの丈長の巻きスカートで、チマの身幅の1.5倍くらいの幅に布をはぎ合わせ、その上部に紐(ひも)をつけ、ひだづけして縫い縮めたもの。その内側には下着としてソクチマ(内裳)、または袴(はかま)に似たタンソコツ(単襯衣)をつけるのが一般である。布地には綿、白絹のほか、緞子(どんす)などの紋織が用いられ、無地が多かったが、近来は洋装技術の導入とともに、色柄にもさまざまな変化が現れてきている。[石山 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチマの言及

【朝鮮服】より

…韓服ともいう。朝鮮の伝統的な衣服はチョゴリ(上衣)とパジ(袴),チマ(裳)よりなり,その上に外套としてのツルマギ(袍)を着る。朝鮮の衣服は歴史的には北方の胡服系統に属し,スキタイ,モンゴル,中国東北,および5~6世紀前後の日本の服装とも同じ系統である。…

※「チマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チマの関連キーワードKGI(Key Goal Indicator)一人芝居「身世打鈴」TPCベンチマークベンチマークテストシャヒッド ユスフSPECfp92ベンチマーキングクレッチュマーチョゴリ(襦)宿儺かぼちゃにゃんたろう改革地域連合ベンチテストみにまむす肥後手まりマルキューチマ(裳)いとういSPECチマーゼ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チマの関連情報