チモール(英語表記)thymol

翻訳|thymol

世界大百科事典 第2版の解説

チモール【thymol】

1‐メチル‐3ヒドロキシ‐4‐イソプロピルベンゼン(2‐イソプロピル‐5‐メチルフェノール)をさす。特有の芳香をもつ無色の結晶で,融点51.5℃,沸点232.5℃。シソ科の植物タイムThymus vulgarisから得られるタイム油(タチジャコウソウ油),セリ科の植物アジョワンCarum ajowanから得られるアジョワン油の主成分である。エチルアルコール,エーテル,酢酸,クロロホルム,ベンゼンなどによく溶ける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チモール【thymol】

ジャコウソウ油などの精油成分の一。化学式 C10H14O フェノールの一種で、特有の芳香をもつ無色の結晶。殺菌剤・防腐剤・化粧品・メントール合成の原料などに用いる。

チモール【Timor】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チモール
ちもーる
thymol

芳香性のにおいと舌を焼くような刺激性のある無色の結晶または結晶性粉末で、殺菌、防腐、駆虫剤として知られる。回虫や蟯虫(ぎょうちゅう)の駆除に内服により用いられたことがあったが、現在ではほとんどこの目的では使用されない。歯科用にむし歯の穴(う窩(か))および根管の消毒、歯髄炎の鎮痛・鎮静に20%液が用いられる。そのほか、外用液剤、軟膏(なんこう)剤、外用散剤に配合されて局所の殺菌用に用いられ、また含嗽(がんそう)剤、洗浄剤、歯みがきに添加して使用される。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチモールの言及

【ヤマジソ】より

…おしべは2本が完全に熟し,他の2本は退化してごく短い。チモールthymolなどの精油を含み,全草を陰干しにし,煎じて駆虫薬に用いる。日本全土と朝鮮半島南部に分布する。…

【ヤマジソ】より

…おしべは2本が完全に熟し,他の2本は退化してごく短い。チモールthymolなどの精油を含み,全草を陰干しにし,煎じて駆虫薬に用いる。日本全土と朝鮮半島南部に分布する。…

※「チモール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チモールの関連情報