コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャイダム盆地 チャイダムぼんち

世界大百科事典 第2版の解説

チャイダムぼんち【チャイダム盆地 Qaidam】

中国西北地区,青蔵高原上の盆地。漢字表記では柴達木盆地。ツァイダムともいう。周囲を高い山脈に囲まれ,標高2700~3000m。面積約22万km2。地質時代は湖で,今日でも約5000の塩湖がある。チャイダムはモンゴル語で〈塩の沼地〉の意。この地はかつてはチベット族などが支配したが,16世紀にモンゴル族が移住し,やがて彼らは清朝の支配下に入った。解放後の地下資源調査で,塩湖の塩類,石油,天然ガス,鉛などが開発され,〈聚宝盆〉の名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャイダム盆地
ちゃいだむぼんち / 柴達木盆地

中国、青海省北西部にある盆地。アルトゥン、崑崙(こんろん)、祁連(きれん)などの山脈に囲まれ、東西850キロメートル、南北最大250キロメートル、面積約22万平方キロメートルである。盆地内にはゴルムド河など40余の内陸河川があり、東部はステップやチャルハン塩湖群などの塩湖、沼沢が多く、西部はゴビ(砂礫(されき)を含む草原)、風食地が発達、その間に砂漠が分布する。標高2500~3000メートルで、青蔵(せいぞう)高原の一部をなすが、雨量も少なく夏季には30℃を超えるため、北西乾燥区への過渡的タイプを示す。北西の冷湖、マンナイなどでは石油が採掘され、塩、石炭など鉱物資源に富む。東部には解放軍などによる開墾地が広がり、灌漑(かんがい)農業が発展している。[駒井正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チャイダム盆地の関連キーワードチベット(自治区)アルトゥン[山脈]アムネマチン山脈アルトゥン山脈ツァイダム盆地青海(省)青海[省]白竜堆砂漠マンナイ祁連山脈崑崙山脈ゴルムド青海湖都蘭冷湖

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android