コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャイブ Allium schoenoprasum; chive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャイブ
Allium schoenoprasum; chive

ユリ科アリウム (ネギ) 属の多年草北半球温帯に広く分布する。小さな鱗茎をもち,円筒形の細い葉を根出させる。葉の長さは 20~30cm,淡紅紫色の小花が茎頂に散形花序を成す。ほかのネギ類よりネギ独特の香りが少く,香味植物として古くから利用された。葉がサラダやスープに利用されるほか,ネギと同様に和食の薬味としても使える。花も食用になり,ほぐしてサラダなどに散らすと香りと色を楽しめる。花壇に栽培して観賞用としても美しい。アサツキは本種の1変種にあたる。春または秋に種子をまく。冬に地上部は枯れるが,翌春再び芽を出す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チャイブ

ユリ科の野菜。高さ20cmほどでネギに似ており,細い葉と紅紫色のネギ坊主様の花をつける。かおりは弱く,サラダ,オムレツ,スープ,シチューのほか,マヨネーズやレモン汁と混ぜてチャイブソースにする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

チャイブ

 [Allium schoenoprasum].シブレットともいう.ユリ目ユリ科ネギ属の植物で,アサツキと同様の変種.薬味や,スープ,シチューなどにも用いる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャイブ
ちゃいぶ
chive

日本ではエゾネギ、セイヨウアサツキとよばれる野菜で、タマネギよりずっと小形で香りも弱い。なまのまま細かく刻んで各種スープやシチュー、マッシュポテトやグレービーソースのガーニッシュとして用いられる。ドイツ、デンマーク、イギリスが主産地で、細かく刻んで凍結乾燥したものも最近では市販されている。[齋藤 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チャイブの関連キーワードチャービル

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android