チャリ(読み)ちゃり

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃり【チャリ】

関西の方言で,道化(どうけ)たこと,あるいは道化者を意味する。また人形浄瑠璃歌舞伎の道化役や滑稽な場面(チャリ場)をいう。語源は1736年(元文1)大坂豊竹座初演の浄瑠璃《和田合戦女舞鶴》の四段目の口で鶴岡の別当阿闍梨(あじやり)が手負いのまねをして敵を欺く滑稽な語りが評判となり〈阿闍梨場〉と呼んだのから転訛したとの説があるが,むしろ〈茶化す〉〈戯(ざ)れる〉などの語と関係が深いのではないか。茶利の文字を当てることもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャリの関連情報