コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャレンジャー号 チャレンジャーごうChallenger

翻訳|Challenger

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャレンジャー号
チャレンジャーごう
Challenger

イギリスの海洋調査船。 2305tの木造帆走軽巡洋艦。海洋調査のため 1872~76年大西洋,太平洋インド洋南極海に及ぶ広範囲の海域で活躍し,巡航距離は延ベ 12万 8000kmに及んだ。観測を行なった場所は 362地点,生物や海水底土の採集点数は数万個。その学術上の成果は,その後二十数年をかけて全 50巻の報告書にまとめられ,海洋調査史に大きな足跡を残した。近代海洋学の基礎は『チャレンジャー報告』によって築かれたといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

チャレンジャー号【チャレンジャーごう】

(1)英国の海洋調査船。1.チャレンジャー6世号。1872年―1876年に英国の海洋調査団が使用した2306トンの木造コルベット艦。隊長C.W.トムソンのもとに大西洋,南極海,太平洋など全世界の海洋12万8000kmを周航,その海洋誌的・生物学的調査は近代海洋学の出発点となった。
→関連項目海洋探検

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャレンジャーごう【チャレンジャー号 Challenger】

イギリスの軍艦,海洋調査船につけられた名前。1872‐76年に初めて世界周航の海洋調査を行ったチャレンジャー6世号,1950‐52年に世界周航の調査を行ったチャレンジャー8世号などがあり,84年現在,チャレンジャー号の名は小型の海洋調査船に引きつがれている。以下では最も著名なチャレンジャー6世号について述べる。 チャレンジャー6世号は軍艦で,1872年から76年に,太平洋,大西洋,インド洋,南極海について行った深海の探検が,近代海洋科学の基礎を築いたことで有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャレンジャー号
ちゃれんじゃーごう
Challenger

イギリスの海洋観測艦。
(1)木製のコルベット艦で、蒸気機関を有する帆船。長さ65メートル、2306トン。1858年ウールウィッチで建造。72年から76年にかけて、艦長ナーレス、隊長トムソン指揮のもとに有名な世界周航の海洋大探検を行った。この観測がもとになって50巻に上る膨大な『チャレンジャー報告』が出版され、近代海洋学が創始された。大探検の途次、1875年(明治8)には横浜、横須賀(よこすか)、神戸などに寄港している。
(2)1931年から第二次世界大戦後の53年まで就役した測量艦。長さ66.8メートル、幅10.9メートル、喫水3.8メートル、排水量1140トン、乗員84名。1950年5月から2年半にわたり、艦長リッチー、隊長ガスケルの指揮のもとに深海観測に重点を置いた世界周航海洋大観測を行った。成果の一つとして、51年に発見した当時世界最深のチャレンジャー海淵(かいえん)(1万0863メートル)がある。観測の途次、51年(昭和26)に東京などに寄港している。なおチャレンジャー海淵は、その後の調査で93年世界最深の1万0920メートルと確定された。
 このように栄光と伝統のある「チャレンジャー」の名称は、1971年に進水した現在のイギリスの観測船(988トン)に引き継がれている。[半澤正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チャレンジャー号の関連キーワードトムソン(Sir Charles Wyville Thomson)マレー(Sir John Murray)スペースシャトル・ディスカバリー号ヘンリー・G.J. モーズリージョイデス・レゾリューション号ジョイデスレゾリューション号グロマー・チャレンジャー号ケネス・ジンファ シューグロマーチャレンジャー号オトヒメノハナガサ宇宙開発史(年表)チャレンジャー海淵国際深海底掘削計画国際深海掘削計画スペースシャトルディスカバリー号ジョン マレーOVマンガン団塊深海掘削計画

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャレンジャー号の関連情報