チュール

百科事典マイペディア「チュール」の解説

チュール

細い糸で作った細かい網地織物。ふつう目が六角形をしているので亀甲紗(きっこうしゃ)ともいう。その名はフランスのチュールで生産されたのに由来する。初め綿が用いられたが,現在はほとんどナイロンやポリエステル製。刺繍(ししゅう)を施したチュール・レースもある。透き通っていて張りがあるので,ドレスの一部,縁飾ベール,カーテンなどにする。

チュール

北欧神話の戦士の神。ギリシアゼウスと同語源の名で,古くは天空神であったと思われるが,現存神話ではオーディン,トールらの下風に立ち,あまり活躍しない。フェンリル狼を縛るときに片手を失った。英語Tuesday(火曜日)は〈チュールの日〉の

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「チュール」の解説

チュール

〘名〙 (tulle) 薄い紗(しゃ)のような網状の織物。ベールやイブニングドレスなどに用いる。
※若いセールスマンの恋(1954)〈舟橋聖一〉五「チュールのショールを買ひたいの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「チュール」の解説

チュール(〈フランス〉tulle)

絹・ナイロンなどのごく細い糸で、薄く網状に織った布。女性用のベール、帽子の飾りなどに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「チュール」の解説

チュール【Tulle】

フランス中南部,コレーズ県の県都。人口2万1000(1982)。パリの南,鉄道で約460km,マシフ・サントラル(中央山地)西麓コレーズ川の谷に立地する。平たん部が少なく,かつパリ~リモージュトゥールーズを結ぶ交通幹線からはずれており,この不利な地理的位置のため発展から取り残されている。おもな活動は県都としての行政・商業活動であり,工業としては国立の武器製造所がある。司教座が置かれ,ロマネスクゴシック様式の大聖堂がある。

チュール【tulle[フランス]】

多角形の網目をもつレース地の一種。多くは六角形で,横に引っ張ると矩形になる。フランスのチュールではじめて作られたところからこの名がついた。もとは手編みレースであったが,17世紀以後機械化され,19世紀に本格的に生産されるようになった。織機,編機に特殊な装置を取り付けて作られる。素材は絹,綿,麻,レーヨン,ポリエステル,ナイロン等で作られ,ドレス,ベール,帽子などの服飾品やカーテンにも用いられる。【池田 芙美】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android