コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウチンアンコウ チョウチンアンコウHimantolophus groenlandicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウチンアンコウ
Himantolophus groenlandicus

アンコウ目チョウチンアンコウ科の海水魚体長 60cm内外の深海魚で,雌は雄より大きい。体色は紫黒色。体は球形に近く肥大し,とげが散在しており,尾柄は短く側扁する。口はほぼ垂直の方向についている。眼は小さい。頭部触手をもつ。太平洋大西洋に広く分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

チョウチンアンコウ

チョウチンアンコウ亜目の魚の総称,またはそのうちの1種。太平洋,大西洋にすむ深海魚。背びれのとげは触手に変形し,先端に細い皮弁と発光器をもつ。体は紫黒色。体表にとげを備えた骨質板がある。
→関連項目アンコウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウチンアンコウ
ちょうちんあんこう / 提灯鮟鱇
football fish
[学]Himantolophus sagamius

硬骨魚綱アンコウ目チョウチンアンコウ科に属する深海魚。北海道から相模(さがみ)湾、太平洋、大西洋などに分布する。雌雄で形態的な差がある。雌では、体はほぼ球形で、体表に大きな骨質板が散在する。背びれ、臀(しり)びれ、胸びれは短く、腹びれがない。頭上から太い竿が伸び、先端に発光する球形のルアーのようなものがあり、そこから約10本の長い糸状物が出る。これらで小魚などの餌(えさ)を誘引する。多くは水深100~300メートルに生息するが、若魚は表層近くから3000メートルを超す深海にも分布している。全長25ミリメートルから変態し、目は成長とともに小さくなる。成魚は全長60センチメートルになる。
 雄は雌よりはるかに小形で、約全長30ミリメートルで変態しだし、44ミリメートルで成魚になる。体表に棘(とげ)がなく、ルアー状の突起もない。繁殖期にだけ両顎(がく)にある強い歯で雌に噛(か)みついて付着するが、この時期が過ぎると雌から離れる一時付着型。精巣は変態前にすでにかなりの大きさになり、40ミリメートルで腹腔(ふくこう)内に大きく広がる。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チョウチンアンコウの関連キーワードミツクリエナガチョウチンアンコウチョウチンアンコウ(提灯鮟鱇)ヒレナガチョウチンアンコウ箕造柄長提灯鮟鱇ビワアンコウ鰭長提灯鮟鱇発光動物深海動物発光生物生物発光提灯鮟鱇外洋魚寄生魚発光魚ひれ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チョウチンアンコウの関連情報