コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チラミン tyramine

大辞林 第三版の解説

チラミン【tyramine】

動植物界に広く分布する微量アミンの一種。チロシンから生成する。神経伝達作用に関与する物質と考えられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

栄養・生化学辞典の解説

チラミン

 C8H11NO (mw137.18).

 チロシン脱炭酸により生成する物質で,血圧上昇作用がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チラミン
ちらみん
tyramine

チロシンが脱炭酸された化合物。チロシンを加熱、またはアミノ酸デカルボキシラーゼを作用させて生成する。ヤドリギ、熟成したチーズ、麦角(ばっかく)(バッカクキンの菌核)などに存在する。生理的にはアドレナリンと類似の作用を示し、子宮収縮作用、末梢(まっしょう)神経収縮作用、血圧上昇作用などをもつ。分子量137.18。水に溶け、水溶液はアルカリ性である。無色の板状結晶で融点164~165℃。塩酸塩は水に溶け、水溶液は中性である。[降旗千恵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チラミンの関連キーワード原発性胆汁性肝硬変(PBC)家族性高コレステロール血症タキフィラキシス芳香族アミン動脈硬化用剤脂質異常症黄色腫胆汁酸魚貝毒やせ薬タコ青春

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チラミンの関連情報