コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チロルの秋 チロルのあき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チロルの秋
チロルのあき

岸田国士戯曲。 1924年発表。同年 11月新劇協会初演晩秋チロルの風景をバックに,日本人男性と日本人の母をもつ女性との夢と現実が描かれる。フランス心理劇の影響のもと,『古い玩具』とともに作者の評価を決定した戯曲。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チロルのあき【チロルの秋】

岸田国士の戯曲。大正13年(1924)「演劇新潮」誌に発表。同年11月、新劇協会により初演。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

チロルのあき【チロルの秋】

岸田国士(くにお)の戯曲。一幕物。1924年(大正13)9月《演劇新潮》に発表。舞台は晩秋のチロル山中のホテルの食堂,止宿人のステラとアマノが,あすはお別れというので夕食後の一刻を語りあって過ごす,その会話から成っている。はじめてくつろいで話をする2人はけっして椅子から動かないが,その間2人のあいだに愛が芽ばえ,育っていきながら,やがて挫折せざるをえなくなる,その心理の微妙なあやが,言葉のやりとりだけによって表現された作品である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チロルの秋の関連キーワード岸田 國士春山剛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android