コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チロルの秋 チロルのあき

3件 の用語解説(チロルの秋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チロルの秋
チロルのあき

岸田国士の戯曲。 1924年発表。同年 11月新劇協会が初演。晩秋のチロルの風景をバックに,日本人男性と日本人の母をもつ女性との夢と現実が描かれる。フランス心理劇の影響のもと,『古い玩具』とともに作者の評価を決定した戯曲。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チロルのあき【チロルの秋】

岸田国士の戯曲。大正13年(1924)「演劇新潮」誌に発表。同年11月、新劇協会により初演。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チロルのあき【チロルの秋】

岸田国士(くにお)の戯曲。一幕物。1924年(大正13)9月《演劇新潮》に発表。舞台は晩秋のチロル山中のホテルの食堂,止宿人のステラアマノが,あすはお別れというので夕食後の一刻を語りあって過ごす,その会話から成っている。はじめてくつろいで話をする2人はけっして椅子から動かないが,その間2人のあいだに愛が芽ばえ,育っていきながら,やがて挫折せざるをえなくなる,その心理の微妙なあやが,言葉のやりとりだけによって表現された作品である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チロルの秋の関連キーワード岸田国士岸田国士戯曲賞清水邦夫岸田岩松了川村毅岸田理生斎藤憐阪中正夫原千代海

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone