コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンク油 チンクゆzinc oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チンク油
チンクゆ
zinc oil

亜鉛華等量オリーブ油を混和したもので,やけど,できものなど皮膚の炎症の際に患部を保護するための油剤として広く用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チンク‐ゆ【チンク油】

zinc oil酸化亜鉛植物油を混合した白い泥状の製剤。ただれ・かぶれや軽い火傷などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

チンクゆ【チンク油 zinc oxide oil】

微末の酸化亜鉛と同量の植物油をよく混和して製した油状塗布剤。植物油としてはオリーブ油がよく使われる。酸化亜鉛の収斂(しゆうれん)性,乾燥性を利用したもので,皮膚の炎症を抑え,分泌物を減少させて痂皮(かさぶた)などを除去する一方,乾燥を防止して肉芽の形成を促進する。急性湿疹の乾燥型および湿潤型症状に適し,おもな適応症は急性皮膚炎(かぶれ,ただれ),汗疹(あせも)などである。【杉原 正泰】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チンクゆ【チンク油】

〔チンクはドイツ Zink(亜鉛)〕
亜鉛華(=酸化亜鉛)とオリーブ油とを混ぜて作った白いどろりとした外用皮膚薬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チンク油
ちんくゆ
zinc oil

酸化亜鉛と植物油の等量混合製剤。古くは植物油としてオリーブ油が用いられ、亜鉛華オレフ油といわれた。現在は植物油として大豆油、菜種油がよく用いられる。白色ないし類白色の泥状物で、長く静置しておくと分離する。ただれ、おむつかぶれなどの軽い皮膚病や軽度のやけどに用いられる。酸化亜鉛の収斂(しゅうれん)性、乾燥性を利用し、傷ついた皮膚面を植物油で保護する。このほか、アクリノールを加えたアクリノール・チンク油、複方アクリノール・チンク油が製剤として日本薬局方に収載されている。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチンク油の言及

【亜鉛華】より

…外用散剤(粉薬)や懸濁剤(液剤の中に分散),軟膏剤,パスタ剤などに配合して,皮膚の湿疹,皮膚炎などに用いる。代表的な製剤として,亜鉛華デンプン,亜鉛華軟膏,亜鉛華イクタモール軟膏,チンク油などがある。【杉原 正泰】。…

※「チンク油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チンク油の関連キーワードZink消炎剤

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android