コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツガザクラ

百科事典マイペディアの解説

ツガザクラ

ツツジ科の常緑小低木。本州四国高山の岩上などにはえる。下部は横にはい,高さ10〜20cm。葉は線形で茎の上部に密生し,縁は下方に巻く。夏,小枝の先に数本の花柄を出し,径3〜5mmの鐘形の花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツガザクラ【Phyllodoce nipponica Makino】

高山の岩地に生えるツツジ科の常緑の矮小(わいしよう)低木。ツガに似た小さな葉を多数つけ,淡紅色で鐘形の花が横向きに咲く。茎はよく分枝して斜上し,高さ10~20cm。葉は密に互生して茎につき,線形で縁に小さな鋸歯があり,長さ4~7mm,幅約1.5mm。7~8月,枝先に2~6個の花を散形につける。花冠は鐘形で,先は浅く5裂し,長さ4~5mm。おしべは10本。葯は長楕円形で先端が開孔する。蒴果(さくか)は扁球形で径約3mm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツガザクラ
つがざくら / 栂桜
[学]Phyllodoce nipponica Makino

ツツジ科の常緑小低木。茎の下部は横にはい、上部は直立して高さ10~20センチメートル。葉は密に互生し、線形で長さ5~8ミリメートル、表面は濃緑色で光沢がある。7~8月、枝先に2~6本の花柄を直立し、その先に白色で淡紅色を帯びた鐘形の花を横向きに開く。花冠は長さ約6ミリメートルで先は浅く5裂する。花柄は長さ1~2.5センチメートルで腺毛(せんもう)が多い。果実は扁球(へんきゅう)形の小さな(さくか)で上を向く。高山帯の岩の割れ目や礫地(れきち)などに生え、本州、愛媛県の赤石山に分布する。名は、葉がツガの葉に似て、サクラのような花をつけることによる。近縁のアオノツガザクラは茎葉はツガザクラに似るが、花は淡黄緑色の壺(つぼ)形で下向きに開く。中部地方以北の本州、北海道の高山帯に生え、アラスカに分布する。別の近縁種エゾノツガザクラは卵状壺形の紅紫色花を下向きに開く。高山帯に生え、本州北部、北海道に分布する。ツガザクラ属は北半球の高山や寒地に7種ほど知られる。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツガザクラの関連キーワードツガザクラ(栂桜)コメバツガザクラアオノツガザクラ中部地方高山草原木曽山脈小林義雄高山植物針葉樹ヒース岩菅山羊蹄山お花畑高山帯樹木浜桜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android