コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツクバネウツギ

百科事典マイペディアの解説

ツクバネウツギ

スイカズラ科の落葉低木。本州〜九州の山地にはえる。葉は対生し,菱形(ひしがた)状卵形で先はとがり,長さ2〜5cm。4〜5月,小枝の先に普通2個ずつの花を開く。花冠は黄白色で長さ2〜3cm,筒形をなし,先は5裂する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツクバネウツギ
つくばねうつぎ / 衝羽根空木
[学]Abelia spathulata Sieb. et Zucc.

スイカズラ科の落葉低木。高さ2メートル。葉は対生し、楕円(だえん)形、長さ2~4.5センチメートル。株の根元から長く伸びる枝を出すが、花はつかない。翌年この枝から短い枝を出し、5月、その先に2個ずつ花を開く。萼片(がくへん)は5枚。子房は下位で3室あるが、1室だけに一つの種子ができる。本州から九州に分布する。名は、衝羽根(つくばね)に似たウツギの意味で、果実にへら形の萼片が5枚残っていることによる。関東および中部地方の高地(1000~2000メートル)には、花冠が小さく、濃赤色となる変種ベニバナツクバネウツギが分布する。近縁のコツクバネウツギは枝の先に2、4、6または8個の花をつけ、萼片は2、3枚で花は小さい。静岡、長野、福井県以西の本州から九州に分布する。
 ツクバネウツギ属(アベリア属)は約10種あり、おもに中国と日本に分布するが、メキシコにも隔離分布している。近年、ハナゾノツクバネウツギはアベリアの名で、垣根などによく植えられる。[福岡誠行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のツクバネウツギの言及

【アベリア】より

…ハナツクバネウツギともいう。近年,街路樹の下植えや生垣としてよく使われるようになったスイカズラ科の半常緑性の低木(イラスト)。…

※「ツクバネウツギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ツクバネウツギの関連キーワードツクバネウツギ(衝羽根空木)イワツクバネウツギ花園衝羽根空木スイカズラ科衝羽根谷空木石灰岩植物古衝羽根兔隠

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android