コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリバナ

百科事典マイペディアの解説

ツリバナ

ニシキギ科の落葉低木〜小高木。北海道〜九州,東アジア山地にはえる。葉は対生し,卵形で先は鋭くとがり,縁には細鋸歯(きょし)がある。5〜6月,葉腋から集散花序を出し,径約8mmの5弁花を下垂して開く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツリバナ
つりばな / 吊花
[学]Euonymus oxyphyllus Miq.

ニシキギ科の落葉低木。高さ4メートルに達する。枝は丸く、紫色を帯びる。葉は長楕円(ちょうだえん)形から卵形で長さ5~10センチメートル、質は薄く、細かい鋸歯(きょし)がある。5~6月、長い柄のある集散花序を下向きにつける。名は、この花序のつき方に由来する。花は径約7ミリメートル、5数性で紫色を帯びた緑白色である。果実は径約1センチメートルの球形で赤色。北海道から九州の山地に普通に生え、朝鮮半島、中国、南千島に分布する。本州の日本海側、北海道の山地には、葉が長さ6~13センチメートルとより大きな変種エゾツリバナがある。オオツリバナE. planipes Koehneはツリバナによく似るが、全体により大形で、果実に5個の狭い翼があるのでツリバナと区別される。本州、北海道、および朝鮮半島、中国、樺太(からふと)(サハリン)、千島に分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のツリバナの言及

【ニシキギ】より

…日本全土,朝鮮,サハリンに分布する。ツリバナE.oxyphyllus Miq.(イラスト)はマユミに似た大型低木で,葉はやや卵形になって幅が広い。花がニシキギやマユミでは4数性であるのに比し,ツリバナは5数性である。…

※「ツリバナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ツリバナの関連キーワードヒロハノツリバナ(広葉吊花)ニシキギ(錦木)ヒロハツリバナアントシアンニシキギ科黒吊花紅葉

ツリバナの関連情報