コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツレ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツレ

日本演劇,音楽の用語。「連」とも書く。種目によって用法が異なる。 (1) 平曲 斉唱のこと。 (2) 能 シテに従属する役のシテヅレの略称。ワキに従属するツレはワキヅレまたはツレワキという。 (3) 三味線音楽,箏曲 (a) 2人以上で弾くことを連 (つれ) 弾きといい,その場合主奏者を立 (たて) 三味線またはタテといって,本来の手に対して替手や洒落 (しゃれ) 弾きその他の変奏を行うこともあり (山田流箏曲では「地」という) ,第2奏者以下を脇三味線またはワキといって,普通の手を担当するが,種目や場合によって逆になることもある。 (b) 斉唱すること。特に河東節,一中節や山田流箏曲などで,シテ (タテ) とワキ以下が,歌い分けをせずに,一緒に歌うこと。なお,山田流では,弾き歌いが本来の演奏形式であるので,当然楽器の斉奏ともなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ツレ

能の役柄。シテまたはワキの助演者。シテ方から出るのがシテツレ(単にツレとも),ワキ方から出るのがワキツレ。シテやワキに準ずる重要な役もある。軽い役のツレをトモ,多人数の同装のツレを立衆(たちしゅう)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つれ【ツレ】

能の役種。シテヅレとワキヅレとあるが,単にツレと称するときは必ずシテヅレを指す。シテに従属し随伴する役をいうが,必ずしもシテと同時に登場したり行動を共にするとは限らない。現行曲の約半数にツレが登場し,ツレが2人以上登場する演目も少なくない。また,二場物の能で前場と後場とで役柄が変わり,扮装を改め,前ヅレ・後(のち)ヅレと分かれる場合もある。なお,ツレの中でも演目によってはシテに伍する重要な役柄が多く,《千手(せんじゆ)》の平重衡,《蟬丸》の蟬丸,《二人静(ふたりしずか)》の菜摘女などは,両ジテなどとも称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツレ
つれ

能の主役に付随して登場する役。連とも書く。シテ方から出るシテツレ(単にツレとも)、ワキ方から出るワキツレがある。おの役も多いが、シテまたはワキに匹敵する重要な場合もあり、その場合のツレを両シテ、両ワキと称してシテやワキと対等に扱うこともある。『大原御幸(おはらごこう)』『千手(せんじゅ)』『蝉丸(せみまる)』のツレ、『鳥追舟(とりおいぶね)』『咸陽宮(かんようきゅう)』のワキツレなど。狂言では主役をシテとよぶが、ワキあるいはツレということばは用いず、一括してアドという。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のツレの言及

【能】より

…同様にワキ方の最重要な役をワキ,他をワキヅレと称する。なお,シテヅレは単にツレと称するのが普通である。2人以上のアイについては,重要な1人をオモアイ,他をアドアイと言い分けることがある。…

※「ツレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ツレの関連キーワード下がり端・下がり破・下がり羽・下がり葉仕手方・シテ方竹生島(能)高瀬 寿美之梅若 新太郎土蜘∥土蜘蛛守屋 与四己国枝 良三郎池内 隆三染谷 宗孝鶴亀(能)ツレ(能)山口 直知梅若新太郎小袖曾我増田正造田村 勇夜討曽我柴田明良仕手連れ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツレの関連情報