コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティタン ティタン Titan

翻訳|Titan

6件 の用語解説(ティタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティタン
ティタン
Titan

ギリシア神話で,オリュンポスの神々より以前に世界の支配者であったとされる古い世代の神々の呼び名。天空神ウラノスと大地女神ガイアを父母として生れた,オケアノス,コイオス,クリオス,ヒュペリオンイアペトスクロノスの6兄弟と,その姉妹でティタニスと呼ばれるテイア,レア,テミスムネモシュネフォイベテテュスの6女神。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ティタン(Titan)

ギリシャ神話で、巨人またはその一族。天空神ウラノスと大地女神ガイアから生まれたクロノスその他の神々をいう。ゼウスが率いるオリンポスの神たちと戦って敗れ、地底に幽閉された。英語名タイタン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ティタン

ギリシア神話の巨人神たち。複数形ティタネス,英語読みでタイタン。ウラノスガイアの子で,通常オケアノス,ヒュペリオン,コイオス,クレイオス,イアペトス,クロノスの6柱の男神とレア,ムネモシュネ,ティア,テミス,フォイベ,テテュスの6柱の女神を指す。
→関連項目巨人レア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ティタン【Titan】

ギリシア神話で,オリュンポス神以前の巨人族の神。タイタンはその英語読み。通例,オケアノス,コイオス,クレイオス,ヒュペリオン,イアペトス,クロノスの6柱の男神とテイア,レア,テミス(〈掟〉),ムネモシュネ(〈記憶〉),フォイベ,テテュスの6柱の女神をいい,いずれもウラノス(〈天〉)とガイア(〈地〉)の子。これらの名の一部はギリシア語では説明されないところから,先住民族からの継承と考えられ,また一部は抽象名詞の擬人化である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ティタン【Tītān】

○ ギリシャ神話で、オリンポスの神々以前に天地を支配していた巨人族の神。天空神ウラノスと大地神ガイアの子供たち。オリンポス神族の長ゼウスと戦って敗れ、タルタロスに幽閉された。タイタン。
土星の第六衛星。1655年、ホイヘンスが発見。土星の衛星中最大で大気をもつ。半径2575キロメートル、光度8等。約16日で土星を一周する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティタン
てぃたん
Titan

ギリシア神話で、ゼウスを中心とするオリンポス神族に先だって世界を支配していたクロノスとその一族。ティタネスTitanes(複数形)ともよばれる。英語読みでタイタン、天文学の土星の衛星名はチタンと表記する。ガイア(大地)とウラノス(天空)を両親とし、普通、男神6人と女神6人の12神をさす。ガイアはこれらの神々のあとキクロペスヘカトンケイルを生むが、ウラノスはその奇怪な姿を嫌って生まれるとすぐに彼らを大地(ガイア)の奥底に隠した。母のガイアはこれを怒り、無法な父に報復するようティタンたちをけしかける。父を恐れて一同沈黙するばかりであったが、末子のクロノスだけは母の求めに応じてウラノスを待ち伏せし、その生殖器を鎌(かま)で切り取る。こうして父にかわりクロノスが天地の支配権を得たが、クロノスもやがて末子のゼウスに支配権を奪われる。そしてゼウスとの10年間にわたる戦い(ティタノマキア)に破れたティタンたちは、タルタロスに封じ込められる。おそらく、彼らはギリシアの先住民族から受け継がれた古い自然神であり、新来の民族の宗教に圧迫されて吸収された名残(なごり)であろうといわれている。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のティタンの言及

【ウラノス】より

…世界の最初の支配者。ヘシオドスの《神統記》によれば,大地女神ガイアの子として生まれた彼は,ガイアとの間に12柱のティタン神その他の子をもうけたが,それらの子すべてを大地の奥底タルタロスに押し込めたため,ガイアから父神の非道に報復するよう説得された最年少のティタン神クロノスによって,大鎌で陽物を切り落とされ,天地の支配者の地位を追われたという。【水谷 智洋】。…

【オルフェウス教】より

…ゼウスは世界の支配を息子のディオニュソスに委ねようとした。だがティタン神たちが嫉妬して子どものディオニュソスを八つ裂きにして食べた(このディオニュソスをザグレウスともいう。ディオニュソスの神話と祭儀につきものの野獣の八つ裂きと生の肉食とがこの神みずからを対象としてなされたことになる)。…

【巨人】より

…(2)新秩序の形成に抵抗する荒ぶる古神としての巨人伝説。古代ギリシア神話のギガンテスティタン,グアテマラのキチェー族原住民のポポル・ブフ神話のカブラカンCabracánやシパクナーXipacnáなどがこれに当たる。(3)15世紀までのヨーロッパ人が遠いアジア地方の住民について抱いたイメージのような,未知の異民族に関する異形神話。…

【ギリシア神話】より

…すなわち大地は天に添寝してクロノスを含む6人の男神と6人の女神とを生む。これがティタン神族である。ところが天は子を憎み,大地の奥処に隠して出ることを許さない。…

※「ティタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ティタンの関連キーワード

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ティタンの関連情報