コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティンパニ ティンパニ timpani

翻訳|timpani

6件 の用語解説(ティンパニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティンパニ
ティンパニ
timpani

楽器の一種。銅製の釜形の胴に1枚の皮を張った一定の音律の出せる太鼓。一般に2個以上用いられ,2本の桴 (ばち) で打奏する。 17世紀なかば頃現れて以来,管弦楽打楽器中,最も重要な地位を占めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ティンパニ(〈イタリア〉timpani)

打楽器の一。鉢形の胴の上面に牛皮や合成樹脂の皮膜を張った太鼓。周囲のねじ、または支柱のペダルで音高を調整する。ふつう、異なった音高のものを二つ以上並べて奏する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ティンパニ

太鼓の一種で,オーケストラで重用される打楽器。英語ではkettledrums。アラビア起源。金属製の半球に1枚の皮を張り,桴(ばち)でたたいて演奏する。直径は60〜80cmで,直径と皮の張力によって音律は異なるが,約1オクターブ内で音律を調整することができ,明確な音高が得られる。
→関連項目管弦楽ドラム(楽器)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ティンパニ【timpani[イタリア]】

卵形を半分に切った大鍋形の胴をもつ銅製の太鼓の一種。開口部に直径よりやや大きなフープに巻き付けた革をかぶせる。その革の張力を加減することによって音程を変えるためのねじが6~8ヵ所取り付けてある。打点は音響上膜面の中心を避け,半径の1/3の外側の部分が最適である。三脚にのせフェルト等の桴(ばち)で奏する。現在,直径32インチ(約81cm),29インチ(約74cm),26インチ(約66cm),23インチ(約58cm),20インチ(約51cm)の各サイズがあり,およそ〈に音〉から2オクターブの音を出せる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ティンパニ【timpani】

打楽器の一。牛皮・プラスチック膜などを張った鍋形の太鼓で、ペダルあるいは把手とつてで音の高さを変え、桴ばちで打つ。管弦楽で二、三個を組み合わせて用いる。ティンパニー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティンパニ
てぃんぱに
timpani(単数形tinpano)イタリア語
kettledrum(s)英語
Pauke(n)ドイツ語
timbale(s)フランス語

半球形の胴をもつ太鼓の一種。西アジアの2個1組からなる小形の釜(かま)形太鼓ナッカーラに由来する。オーケストラでは、17世紀から使用されている。直径58~76センチメートルのものが多く用いられ、大きさの異なる2台以上を並べて使うのが通例である。1個だけを使うのは例外的であり、複数形でよぶのが普通。
 明確な音高をもち、それを5度程度の範囲で変えることができる。直径76センチメートルのもので、通常、D2が最低音である。もっとも単純な手締めティンパニは、胴の周囲の数本のハンドルを回して膜の張力を変えることで音高を変える。一つのハンドルを回すだけで膜全体の張力を調節できる機構をもつのがマシーン・ティンパニ、ペダル操作によるのがペダル・ティンパニである。硬軟さまざまな材質の桴(ばち)(スティック)を使い分けて音色を変える。[前川陽郁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のティンパニの言及

【太鼓】より

…膜状の物質,主として動物の革を張りつめて弾力をもたせ,これを打って音を出す楽器の総称。原始時代から諸民族の中に深く浸透していた楽器の一種であり,最古のものは前約2500年,シュメールの浮彫に見られる。現在に至るまで多くの地域で呪術信仰と密接に結びついており,神聖視されていて,材料の選択や製作過程に厳格な掟をもつ地域もある。アフリカの民俗の中では,月・実り・母などの女性的象徴,太陽・再生などの男性的象徴となっているほか,一個の人格と同様に扱われて食物や犠(いけにえ)がささげられたり,悪霊払いにも広く用いられている。…

【太鼓】より

…膜を胴に直接膠着させたり,鋲(びよう)を打って取り付ける太鼓では,緊張度の調節は不可能であるため,音高や音色を調整することは基本的には不可能であるが,奏者が随時ひじやかかとあるいは手などで膜面を押しつけて緊張度を高め,音を高くする方法が用いられることがある。ティンパニに代表されるヨーロッパのケトル・ドラムkettle drum(鍋形太鼓)は古くからトランペットの低音域を補う役目をもっていたので正確な音高が必要とされ,膜はまず金属の枠に巻き付けられたうえ,胴にねじで取り付けられるという方法が16世紀初めから用いられ,音高調節を容易にしていた。19世紀以後この装置に種々の機械的発明・改良が行われ,現在ではグリッサンドも可能な,ペダルによる音高調節装置も使用されている。…

【ナッカーラ】より

…昔は小さいものは馬,中くらいはラクダ,最大のものは象で運ばれたといい,おもにスルタン直属の軍楽隊でのみ用いられた。西洋のティンパニの元祖である。またトルコのスーフィーの宗教音楽や伝統的芸術音楽では,ナッカーラと同種の太鼓をクデュムkudümと称する。…

※「ティンパニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ティンパニの関連キーワード提瓶半月半角竹篦スタッフドエッグ半切り紙水無月三方シールリーマー搾汁機ライス型

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ティンパニの関連情報